Your IP: Unknown · Your Status: ProtectedUnprotectedUnknown

iPhoneとAndroid:どちらのスマホが安全かセキュリティを徹底比較

セキュリティの観点から、AndroidとiOSのスマホ(iPhone)には異なる特徴があります。現在、世界中ではほとんどの人々がAndroidまたはiOSのスマートフォンを所有していますが、近年、サイバー犯罪は急速に増加しており、私たちは日常生活でスマートフォンを使用するため、より堅牢なセキュリティ対策を徹底せざるを得ません。この記事では、AndroidとiPhoneのセキュリティに焦点を当て、どちらがより高いセキュリティを提供するかを解説します。

iPhoneとAndroid:どちらのスマホが安全かセキュリティを徹底比較

iPhoneのセキュリティレビュー

一般的に、iPhoneはAndroidスマホよりも、セキュリティの脆弱性が少ないといわれています。その理由としては、まずiPhoneの設計段階からセキュリティ対策が組み込まれており、インストールされるアプリがデバイスの重要な部分にアクセスできないようにできています。

また、OSのコードが未公開のため、第三者に不正にコードを書き換えられるリスクが少ないことも理由のひとつです。さらに、iPhoneで使用できるアプリは、安全性が保障されているApp Storeでのみダウンロード可能なので、アプリにおけるセキュリティの安全性も高いといえます。以下では、iPhoneにおける脆弱性について解説します。

iPhoneの脆弱性

iPhoneのiOSがセキュリティ上、脆弱性が出て不安となるのは、脱獄(ジャイルブレイク)した場合です。この脱獄という行為は、iPhone購入時にあらかじめ設定されている制限を解除することで、App Store以外からアプリをダウンロードできたり、それまで使用できなかったさまざまな機能が使用できたりするなどのメリットがあります。

かつて2010年代前半の日本では、契約した携帯電話キャリアによってSIMに制限(ロック)がかけられており、他の携帯電話キャリアの回線が使えないケースが一般的でした。そのため、SIMのロックを解除するために、脱獄を行なうiPhoneユーザーが増えた時期ががありました。ただし、iPhoneを購入する際に設定された制限は、セキュリティ上安全に各機能を使用するためで、脱獄してしまうとそれまで保っていたスマホセキュリティの安全性が一気に失われるというデメリットがあり、お使いのデバイス上にマルウェアが侵入しやすくなります。

さらに、もし何らかの損傷が発生した場合、脱獄したスマートフォンはAppleからのサポートを受けられなくなるというデメリットもあります。

Androidのセキュリティレビュー

Androidは、さまざまなメーカーが安価なデバイスを販売しており、世界中で最も多くのシェアを獲得しています。機能に関しても拡張性が高く、機種によっては高性能カメラ搭載などハイスペックな機種もあるのも魅力的な点です。

また、Google Storeはアプリの審査が緩いため、App Storeよりも多くのアプリが入手可能です。Androidには、お使いのデバイスを一時的に初期状態にして起動できるAndroidセーフモードという機能があり、これによってスマホに不具合が発生したり、スマホの乗っ取り被害にあった場合に原因を特定することができますが、全体的なセキュリティに関しては、さまざまな理由からアイフォンより優れているとはいえないのが現状です。以下では、Androidのセキュリティの脆弱性について紹介します。

Androidの脆弱性

Androidにおける脆弱性は、いくつか確認できています。まず、AndroidのOSは、誰もがアクセス可能なオープンソースコードに依存しているので、iPhoneのiOSと比べてもサイバー犯罪者に狙われやすいです。コードを書き換えられて悪用されると、デバイスが制御不能に陥ったり、個人情報が盗難に遭うなどの可能性があります。

また、AndroidはGoogle Play Storeでは入手できない第三者製のアプリにもアクセスできますが、そういったアプリはセキュリティが脆弱でマルウェアなどの罠が仕掛けられている場合があります。Android OSのアップデートに関しては、端末の製造メーカーや通信キャリアごとに伝達手段が異なるので、ユーザーに伝わるまでに時間を要してしまい、iOSと比べてもインストールされる割合が少ないことがわかっています。サイバー犯罪者は、このアップデートするまでの時間のギャップを利用して新しいサイバー攻撃を仕掛けてきます。

さらに、最新のAndroid OSは新しい端末にしか対応していないことが多いのもデメリットとして挙げられます。Androidスマホで古い機種を使う場合、メーカーのサポートが受けられなかったり、Androidのセキュリティーパッチが提供されなくなったりします。

iPhoneとAndroidのセキュリティを比較

iPhoneとAndroidは、どちらがセキュリティ面で優れているのかという論争は何年も続いており、これは両方のユーザーにとっても大変興味深いこといえます。以下では、iPhoneとAndroidの主なセキュリティ対策機能と脆弱性を比較してみました。

iPhoneAndroid
アプリのセキュリティApp Store内で取得できるアプリの数自体は少ないが、どれも事前に綿密な検査を受けているため、セキュリティの安全性は高い。Google Play Storeは、提供しているアプリの数は多いが、App Storeと比べるとアプリの審査が緩いため、セキュリティが脆弱で悪質なアプリが紛れている可能性も。
第三者製のアプリセキュリティ上、App Storeで提供されているアプリのみインストール可能。よって、App Store以外の第三者製アプリストアのアプリをインストールすることはできない。Google Play Store以外の第三者製アプリがインストール可能。しかし、第三者製アプリはしっかりと審査を受けていないのでセキュリティが脆弱な可能性がある。
脆弱性を修正するアップデート全てのデバイスを自社で厳密に管理しているので、最新版へのアップデートとユーザーへの通知を簡単に実行可能。よって、ユーザーがアップデートする割合はAndroidよりも高い。アップデート方法は、製造メーカーや通信キャリアごとによって異なるため、ユーザーに周知するまでにかなりの時間がかかる。iPhoneに比べるとアップデートされる割合が少なく、この合間に新しいサイバー攻撃を受けてしまう可能性がある。
OSのソースコードiOSのコードは厳重に管理されており、公開されていない。したがって、サイバー犯罪者をはじめとする外部から第三者に勝手にコードを書き換えられるなどの心配はない。オープンソースコードで誰でもアクセスできるので、さまざまなアプリを開発しやすい反面、第三者にコードを改変されてしまうなど、悪用されてしまう可能性がある。
第三者製のセキュリティアプリのサポートNordVPNなどのiPhone用セキュリティ対策アプリをOSに統合することが可能。これによって悪意のあるハッカーなどからの攻撃を防ぐ。NordVPNなどのAndroid用セキュリティ対策アプリを導入して、スマホのセキュリティを強化できる。

スマートフォンのOSはどちらが安全か?

上記では、iOSとAndroidのセキュリティを異なる角度から比較しました。では、iPhoneとアンドロイドはどちらがより安全性が高いのでしょうか?以下では、上記の比較表を踏まえた上でまとめました。

  • アプリのセキュリティ:一般的にはAndroidのほうがサイバー攻撃の標的になりやすく、セキュリティで優れているiPhoneのほうが安全なスマホといえます。まず、iPhoneのiOSはソースコードを公開していないなどセキュリティ面は厳重に管理していますが、Androidはオープンソースで誰でもアクセス可能なため、外部から改変されたり、サイバー攻撃を受けやすい状態といえます。
  • 第三者製のアプリ:アプリに関しても、iPhoneはApple社が管理・運営するApp Store内でアプリの申請から認可されるまでしっかりとした審査を行ないなど一元管理しているのでセキュリティ面は万全といえます。Androidは、Google Play Store以外にも第三者製のアプリが使用できるメリットもありますが、そのようなアプリはセキュリティが脆弱なのでフィッシングサイトに誘導されたり、最悪の場合はソーシャルエンジニアリング手法として悪用され、スマホを乗っ取られる可能性があります。
  • OSアップデート:OSのアップデートに関してiOSの場合はApple社が本体とOS両方とも製造しているため、簡単にユーザーに対して最新版へのアップデートの通知ができ、短期間で高い割合のアップデートが実現できています。また、iPhoneやiPadは設計段階からセキュリティ対策が組み込まれており、内部のデータは暗号化され、データ流出の心配がなく、Androidと比べてもウイルスの感染リスクも少ないといえます。さらには、比較的古い機種の場合も、最新のiOSの導入がサポートされているので、脱獄さえ行わなければ安全性は保たれるでしょう。対するAndroid OSの最新版へのアップデート方法に関しては一貫性がないため、iPhoneよりもアップデート率が低いため、脆弱性がサイバー犯罪者にさらされる期間が長くなり危険です。

iOSとAndroidを安全に使用する方法

最後にiPhoneとAndroidを安全に利用する方法について紹介します。

  • アプリは公式ストアからダウンロードする:第三者製のアプリをダウンロードしないようにしましょう。
  • 強力なパスワードを使用する:アルファベットの小文字と大文字、特殊文字と数字を含む強力なパスワードを使用し、各サービスごとに独自のパスワードを作成しましょう。なお、最強のパスワードの作り方はこちらを参照ください。
  • 多要素認証を利用する:iPhoneとAndroidには、指紋や顔認証などの生体認証機能があります。上記の強力なパスワードと組み合わせることでより強力なセキュリティ対策となるでしょう。
  • ソーシャルログインを避ける:多くのアプリやウェブサイトでは、ログインを簡潔に済ませるためにFacebookやGoogle、Yahooなど、SNSや他のオンラインサービスのアカウントを使ってログインできますが、もしも自分のSNSアカウントが侵害された場合、友人や他のオンラインサービスにまで次々と被害が及んでしまう可能性があります。
  • 常に最新版へアップデートする:OSのアップデートはバグを修正し、新たな脅威の被害に遭わないための対策に必要不可欠です。OSやアプリは常に最新版の状態にしておきましょう。
  • VPNを使用する:VPN(仮想プライベートネットワーク)は、ユーザーのIPアドレスを隠し、トラフィックを暗号化することでセキュリティを強化します。特にスマホ決済やセキュリティ危険性の高い公共のフリーワイファイを使用する際は必ず接続するようにしましょう。

NordVPNは、それぞれiPhone向けVPNAndroid向けVPNがあり、両方に最適なVPNといえます。知らないアドレスからメールが届いた際も、VPN接続することでメール内に添付されているフィッシングサイトを特定してブロックしてくれます。

また、NordVPNが提供する脅威対策機能には、悪意のある広告をブロックするアドブロッカー機能をはじめ、iPhoneとAndroid内のデータが漏えいしていないか個人情報安全性チェックする情報漏えいスキャナーなどの機能があります。

ワンクリックでオンラインセキュリティ対策を。

世界をリードするVPNで安全を確保


We value your privacy

This website uses cookies to provide you with a safer and more personalized experience. By accepting, you agree to the use of cookies for ads and analytics, in line with our Cookie Policy.