お客様のIP: 不明 · お客様の状況: 保護済み無防備不明

AndroidでVPN接続を設定する方法を解説

Androidは、他のデバイスと比べてセキュリティが脆弱なため、常に悪意のあるハッカーなどのさまざまなサイバー攻撃の脅威にさらされています。しかし、優れた機能を兼ね備えたAndroid用VPNを導入することで、こうしたセキュリティ上の懸念の大半を解消することができます。今回は、Androidデバイスに最適なVPNをはじめ、使用する際の設定や仕組みについて詳しく解説します。

AndroidでVPN接続を設定する方法を解説

Android向けVPNとは?

Android用のVPNとは、iPhoneと比べてセキュリティが脆弱であるAndroid端末のセキュリティを強化するためのサービスです。VPNをAndroidスマホで有効にすることで、インターネット通信が暗号化され、通信内容を第三者に見られる心配がなくなります。加えて、この暗号化技術は政府機関などの検閲やファイアウォールによるブロックも回避することもできます。

近年、スマホの需要増加とともに個人情報の漏えいを狙うサイバー犯罪が増加しており、これらの犯罪を防ぐために、多くの個人や企業でVPNが利用されはじめています。ただし、すべてのVPNプロバイダーがAndroid端末を保護するために適しているというわけではありません。たとえば、NordVPNのような高度なセキュリティ機能を搭載しているVPNプロバイダーは、総合的にAndroid端末に最適なVPNといえますが、その他のVPNプロバイダーは必ずしもそうではありません。

次の章では、Android端末で使用するのに最適なVPNとは一体どのようなものなのか、仕組みや設定方法などをふまえてより詳しく解説します。

Android向けVPNのオプション

Android端末には組み込みのVPNクライアント(PPTP、L2TP/IPSec、IPSec)が含まれていますが、組み込みのVPNクライアントがサポートしていないVPNプロトコルを使用する場合や、VPNを企業向けのモバイル管理(EMM)コンソールを使用して設定する場合、個人用と仕事用に分けてそれぞれ別のVPNを使用する場合、面倒な設定なしでVPNに接続したい場合は、Android端末用のVPNアプリが必要になります。

Android 4.0 以上のOSを搭載している端末はVPNアプリに対応しています。よって、これらの端末はGoogle PlayストアからVPNアプリをインストールし、ユーザーが複雑な設定を行なうことなく、簡単にVPNに接続することができます。

Android向けVPNに自動接続する方法

Androidでインターネットに接続中にサイバー攻撃を受けないためにも、インターネットにつないだ瞬間から自動的にVPNに接続されるのが理想的といえます。ここからは、Android端末でVPNを自動接続する方法を紹介します。

  1. お好みのVPNプロバイダーを選ぶ:多くのVPNプロバイダーがAndroid向けのVPNアプリを提供しており、ユーザーはかなり多くの選択肢があります。しかし、なかには安全性が低いものもあるので注意が必要です。最も重要なのはAndroid端末向けに優れた機能を提供していることで、できるだけ信頼性の高いVPNプロバイダーを選ぶようにしましょう。
  2. VPNアプリをダウンロードする:信頼性の高いVPNプロバイダーは、Google Playストアをはじめとする公式アプリからAndroidアプリを入手できるようにしています。仮にGoogle Playストアに対応していないAndroid端末の場合でも、VPNプロバイダーの公式ウェブサイトからアプリを直接ダウンロードするようにしましょう。
  3. 新しいVPNを設定する:次にVPNアプリを開いて、アカウントを作成します。作成手順は各VPNプロバイダーによって異なりますが、画面上で手順を案内してくれます。設定完了後、アカウントにログインします。
  4. VPNサーバーの選択:上記で作成したVPNアカウントにログインし、お好みのVPNサーバーを選択します。VPNプロバイダーによっては、動画視聴やセキュリティなどユーザーのニーズに応じて最適なサーバーをおすすめしてくれる場合もあります。特にNordVPNは、「クイック接続」という最適なサーバーに自動的に接続する優れた機能を提供しています。
  5. VPNに接続する:サーバーを選択したら、「接続」をタップするとVPNに接続できます。その際、接続の確認、またはVPNアプリの許可を求められる場合がありますが、これはアプリが端末を保護するためなので許可しましょう。
  6. 接続を確認する:VPNサーバーに接続後、VPNが機能しているかどうかを確認しましょう。アプリ上に「接続済み」と表示されていれば、インターネット接続が保護されています。また、IPアドレスがVPN接続前と異なっていることを確認するのもいいでしょう。

以上の手順は、基本的には同じ流れですが、VPNプロバイダーによっては異なる場合もあります。各VPNプロバイダーの公式サイトを参照し、正しく設定されていることを確認しましょう。

AndroidにVPNを手動で設定する方法

上記のようにAndroidに自動でVPNを設定するとセキュリティ面が強化されます。しかし、Android端末をより強力に保護する場合は、端末内でのVPNの設定を手動で行なう場合もあります。以下では、アンドロイド端末にVPNを手動で設定する方法を紹介します。

  1. Androidの「設定」から「無線とネットワーク」→「その他の設定」→「VPN」→「VPNネットワークを追加」と順番にタップし、進みます。
  2. 「VPNネットワークを編集」の中で、以下のように必要な情報を入力します。
    • 名前:自分のお好みの名前を入力します。
    • 種類:「IPSec」、「PPTP」、「L2TP/IPSec」の3つの中から一つ選択します。一般的に「L2TP/IPSec」を選択するAndroidユーザーが多いので、ここでは、「L2TP/IPSec」の設定例を紹介します。
    • サーバーアドレス:サーバーアドレスとは、VPNのIPアドレスのことなので、入力します。ただし、プロバイダーによってはIPアドレスを知ることができるのは有料版のみという場合が多いです。
    • IPSec事前共有キー:自分で共有キーを決めて入力します。
  3. 最後に「保存」をタップするとVPN接続設定は完了です。VPNに接続するためには再度VPNアプリをタップし、「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「接続」をタップします。アプリの画面に「接続しました」と表示されたらスマホがVPNに接続したことがわかります。

なお、Androidには上記のやり方以外にも手動によるVPN接続する方法がいくつかあります。その他の方法に関する参考記事はこちらから確認できます。

Android用VPNのメリット

ここからは、Android端末にVPNを設定し、接続すると得られるさまざまなメリットを紹介します。

  • success
    オンライン上でのプライバシーの向上:Android端末がVPNに接続していない場合、インターネットサービスプロバイダーをはじめ、広告主やサイバー犯罪者はユーザーのオンライン上の行動を簡単に調べることができます。しかし、Android端末でVPNへ接続することで、トラフィックが暗号化されるのでオンライン上のプライバシーがより強化されます。よって、第三者がユーザーのオンライン上での行動や個人情報を盗み見ることはできません。
  • success
    デジタルセキュリティの強化:VPNによる暗号化は、オンライン上のプライバシーを保護するだけでなく、セキュリティも強化します。具体的には、通信データを安全で解読不可能なコードに変換するので、サイバー犯罪者に傍受される心配がなく、機密情報を保護し、機密性を保つことができます。なかでも中間者攻撃やパケットスニッフィング、DNSスプーフィングやスマホの乗っ取りに対しては特に効果的といえます。
  • success
    IPアドレスの変更:AndroidにVPNを接続すると、ユーザーのIPアドレスを隠すことができます。IPアドレスを使ってユーザーに関する多くの情報を知ることができるので、広告主やインターネットサービスプロバイダーにマーケティング目的で利用されたり、サイバー犯罪者が犯罪を企てるために度々狙われたりしています。しかし、VPNに接続することで実際のIPアドレスを隠し、外部からはユーザーがあたかもVPNサーバーのある場所からアクセスしているようにみえます。これによって、インターネットの通信内容を第三者に知られたり、オンライン上での行動を追跡される心配もありません。
  • success
    公共のフリーWi-Fiを使用時の保護:ほとんどの公共のフリーWi-Fiはセキュリティが脆弱なので、サイバー犯罪者のターゲットになって悪用されてしまい、盗聴やマルウェアへ感染する危険性があります。しかし、VPNに接続すると、トラフィックが暗号化されるので、公共のフリーWi-Fiに接続している間に何者かに通信内容を知られることはありません。
  • success
    検閲の回避:国によっては、ネット規制が設けられているところもあります。仮に制限のある国を訪れた場合、普段利用しているコンテンツにアクセスできない可能性があります。しかし、制限のない国のVPNサーバーに接続することで、これらの制限を回避することができるので、どこにいてもお気に入りのコンテンツにアクセスできます。

Android端末でVPNを使うべきか?

結論からいうと、アンドロイド端末でVPNの使用は、さまざまなメリットがあるので使用するべきといえます。スマホをはじめ、全ての端末はインターネットに接続している限り、サイバー攻撃などの被害に遭う可能性が常にあります。

個人情報や機密情報を狙ったサイバー犯罪は年々巧妙化しており、端末のOSによるセキュリティ対策だけでは限界があります。これまで紹介してきたようにAndroid端末でVPNを使用することで、トラフィックを暗号化し、IPアドレスを隠すことができるなど、オンライン上でのセキュリティとプライバシーの両方がより強化されます。特に海外旅行や公共のフリーWi-Fiなど、普段使用している以外のインターネット回線を使用する際は、その効果をより発揮するでしょう。

Android向けの無料VPNアプリは利用すべきか?

Android向けの無料VPNは、価格面だけを見れば魅力的かもしれませんが、実際かなりのリスクがあるといえます。有料VPNは、オンライン上のプライバシーとセキュリティを保護するためにより多くの機能を提供しています。一方、無料VPNは、使用可能な機能に制限があり、特定の機能のみしか使えない場合がよくあります。場合によってはAndroid端末でVPN接続できないものも存在します。

また、無料VPNの中には、ユーザーのオンライン上での行動履歴や個人情報をマーケティング会社に販売している会社もあります。それらの情報は、広告などに活用したい会社からすれば、喉から手が出るほど欲しい情報です。無料VPNはしばしばユーザーの情報を売って利益を得ており、その結果、無料という言葉に惹かれたユーザーが犠牲になっています。

以上の理由から無料VPNの使用はあまりおすすめできません。オンライン上での安全性をより確保したい場合は有料VPNの使用をおすすめします。

ここからは、Android端末に最適なVPNの条件について解説します。

  • 強力な暗号化:VPNの暗号化はより強力なものでなければなりません。優れたVPNプロバイダーは常に最高レベルの暗号化を提供しています。
  • ユーザーの追跡なし:業界トップレベルのVPNプロバイダーは、ノーログポリシーを採用しているので、オンライン上の履歴を保存や転売したり、追跡しません。
  • 広範囲を網羅しているサーバー:通常、VPNに接続した際の速度は、サーバー内の混雑具合や接続先のサーバーに近ければ近いほど、接続速度は速くなります。トップレベルのVPNプロバイダーは世界各地に何千台ものサーバーを保持しているので、通信速度が低下しにくくなります。
  • 年中無休のカスタマーサポート:どんなVPNアプリも完璧なものは存在しません。優れたVPNプロバイダーは、すぐに対応してくれるカスタマーサポートを提供しているので、ユーザーは安心してVPNを活用できます。
  • 返金保証:優れたVPNプロバイダーには、返金保証があります。万が一、アプリの使い勝手に満足できなかった場合でも、返金保証があるので安心してVPNを利用できます。
  • 高度なセキュリティ機能:業界トップレベルのVPNプロバイダーは、一般的なVPN接続に加え、優れたセキュリティ機能を兼ね備えています。たとえば、NordVPNは危険なサイトや迷惑な広告をブロックする脅威対策ライト版というセキュリティ対策機能を提供しており、これは特に1日に使用時間が長いデバイスにとって非常に便利です。

ワンクリックでオンラインセキュリティ対策を。

世界をリードするVPNで安全を確保

Android用VPNが利用できるデバイス一覧

最後に、Android用VPNが利用可能なデバイスを紹介します。

  • スマートフォン:普段、私達は仕事でもプライベートでもスマホを利用しており、最も保護する対象といえます。現在、ほとんどのVPNプロバイダーは、Samsung、Google Pixel、Xiaomi などのAndroid端末の主要メーカーで動作するVPNアプリを提供しています。
  • タブレット端末:インターネットを利用する際にタブレットを使っている人も多いはずです。市場にあるVPNプロバイダーは、SamsungやAmazon Fireなど、ほとんどのAndroidのタブレット端末に対応しています。
  • Android TV:Android TV向けにVPNを設定すれば、お気に入りの番組をどこからでも観ることができます。AndroidTV専用アプリを提供しているプロバイダーもありますが、なかには手動での設定が必要なものもあります。
  • Androidウェアラブルデバイス:インターネットに接続されたスマートウォッチ、スマートグラス、フィットネストラッカーは、ルーターにVPNを設定することで、VPNに接続できる可能性があります。VPNを契約する前にお使いのウェアラブル端末がVPN接続に対応しているかどうかを事前に確認しておきましょう。

弊社はお客様のプライバシーを尊重します

本サイトでは、より安全でパーソナライズされた体験を提供するためにクッキーを利用しています。同意することにより、お客様は当社のクッキーポリシーに沿った広告および分析のためのクッキーの使用に同意したことになります。