お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています保護されていませんわからない

Dark Web Monitor

  • 危険なアカウントに関するアラートを受け取る
  • 一度有効にすれば、継続的に保護できる
  • バックグラウンドで動作するため、中断することなく安全性を維持

NordVPNのDark Web Monitorツール

Dark Web Monitorとは?

NordVPNのDark Web Monitorは、危険なダークウェブに流出したアカウント情報を他者が悪用することを防ぐために設計されたサイバーセキュリティ機能です。ダークウェブ上のサイトを継続的にスキャンして認証情報を探し出し、発見されるたびに警告を発するので、脆弱なアカウントを保護するための措置を講じることができます。

利用可能なOS・ブラウザ

Dark Web Monitorの仕組み

流出した認証情報をウェブ上でスキャンするDark Web Monitorツール

ワンクリックで保護機能が常時有効に

Dark Web Monitorは、NordVPNに登録したメールアドレスに関連する認証情報を求めて、ダークウェブのフォーラムやサイトを継続的にスキャンします。つまり、データ漏洩のニュースが発生するたびに、この機能をオンにする必要はなく、Dark Web Monitor機能が有効化されている限り、ユーザーのアカウントを保護し続けます。

流出したデータを発見するとアラートで通知するDark Web Monitorツール

脅威をいち早く通知する

Dark Web Monitorが、NordVPNのメールアドレスにリンクされた認証情報を検出すると、直ちに警告を発します。漏洩したサービスを含む、漏洩に関するすべての関連情報を確認することができます。報告することがない場合、Dark Web Monitorはバックグラウンドで静かに動くため、気になることはありません。

追加のセキュリティ対策で認証情報を保護

適切なセキュリティ対策を行う

危険が迫っていることを察知すると、サイバー犯罪者よりも先に行動します。多くの場合、パスワードを変更したり、多要素認証(MFA)を有効にしたりすることで、簡単に対処することができます。場合によっては、この状況について他の人に連絡する必要があるかもしれません。たとえば、悪意のある第三者によって高額な商品を購入される前に、銀行に漏洩したクレジットカードをブロックするよう依頼することができます。

Dark Web Monitorを有効にする方法

01

NordVPNアプリを開く

お使いのデバイスでNordVPNアプリを起動し、認証情報でログインします。

02

「ツール」に移動する

歯車アイコンをタップして「設定」を開き、「ツール」を選択します。

03

Dark Web Monitorを有効にする

Dark Web Monitorのトグルスイッチをオンに切り替えると、保護機能が常時有効になります。これで完了です。

ダークウェブとは?

ダークウェブは、サイバー犯罪者やハッカーなど、匿名性を何よりも重視する人々が集まる、秘密で高度に暗号化されたネットワーク上に構築されたWebサイトを指します。ダークウェブのページは、GoogleやBingなどの検索エンジンから切り離されているため、ほとんどの人はその存在にさえ気づきません。

表層Webの説明

表層ウェブ

ネットワーク上の、誰にでも公開され、検索エンジンのインデックスに登録されている部分です。多くの人が表層ウェブこそがインターネットだと考えていますが、実際には、既存の全ウェブコンテンツの10%しかカバーしていません。

ディープウェブの説明

ディープウェブ

ネットワーク上の、電子メールアカウントやインターネットバンキングのページなど、検索エンジンにインデックスされない、合法ですが壁に囲まれた部分です。ディープウェブは、表層ウェブの数百倍の規模だと言われています。

ダークウェブの説明

ダークウェブ

Tor(オニオンルーター)などの特殊なツールを使用しないとアクセスできないディープウェブ内の暗号化された匿名ウェブサイトです。ダークウェブには、麻薬、不正なサービス、個人情報などのマーケットプレイスがあります。

個人情報がダークウェブ上にあるのか?

ダークウェブで流出したあなたの個人情報

厳しい現実をお伝えすると、あなたの個人情報の少なくとも一部は、すでにダークウェブサイトに登録されている可能性が高いです。情報漏えいは毎年発生しており、中には数億人のユーザープロファイルが流出した例もあります。これには、ソーシャルメディア、インターネットバンキング、ネットショップ、政府機関、医療クリニック、さらにはインターネットフォーラムからの情報も含まれます。

大規模な情報漏えい事件から得られた機密データの断片でさえも、サイバー犯罪者にとっては貴重な情報です。しかし、ハッカーはさらに一歩進んで、見つけうるすべての個人情報を「fullz」と呼ばれるセットにまとめることがよくあります。これらの情報は、名前、住所、銀行口座、電話番号、個人番号、クレジットカード番号などを含む可能性があるため、特に危険です。

どんなリスクがあるのか?

ダークウェブで流出すると個人情報が盗まれる危険性

個人のリスク

  • bullet

    個人情報の盗難 — あなたの名前を使って犯罪やフィッシングが行われます

  • bullet

    盗まれた情報を使って信頼を得るフィッシング詐欺

  • bullet

    アカウントロックアウト — ハッカーがあなたのパスワードで侵入し、パスワードを変更します

  • bullet

    クレデンシャルスタッフィング(同じパスワードで他のアカウントに侵入する手口)

ダークウェブでの情報漏えいの危険性

企業のリスク

  • bullet

    不十分なデータ保護対策に対する規制当局による罰金

  • bullet

    ブランド評価の低下 — 情報漏えいは好ましくない評判をもたらします

  • bullet

    顧客からの損害賠償請求

  • bullet

    ダウンタイムおよび侵害後の監査によるビジネスの損失

よくある質問