お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています
保護されていません
わからない

ダークウェブとは?アクセスするとどうなる?

どんな社会にも暗くて謎めいた裏の顔がありますが、インターネットも例外ではありません。GoogleやFacebook、Ebayなどのはるか下、昔流行ったmixiやパスワードで保護された電子メールの受信箱やクラウドストレージドライブの下には、特別なツールを使ってしかアクセスできない「ダークウェブ」と呼ばれる地下のインターネットが存在しています。

Laura Klusaite

Laura Klusaite

Mar 22, 2021 · 1分で読む

ダークウェブとは?アクセスするとどうなる?

ダークウェブとは、インターネット上の小さな領域のことで、インターネットからIPアドレスを隠すウェブサイトから構成されています。ダークウェブのサイトにアクセスするには、特別なプログラムや技術が必要で、多くの場合、訪問者のIPアドレスもウェブサイトから隠されています。特別なツールなしにアクセスすることは不可能です。すべてのダークウェブサイトは、ダークネットを通じてホストされており、ほぼすべてのトラフィックが暗号化されています。

ダークウェブはどんな用途で使われているのか?

ダークウェブには様々なものが混在しています。ダークウェブはプライバシー確保のために合法的な用途で利用されることもありますが、悪質で違法な目的で使われることもあります。

では、実際にダークウェブで買えるものや、取引されているものは何なのでしょうか?その中には、以下のようなものがあります。

  • ユーザーが無料でアクセスできる科学論文を保存しているサイト。
  • 政党や議題とは無関係のニュースネットワーク。
  • 超能力からUFOまで何でも議論できるフォーラム。
  • 本やコミックを扱うオンラインライブラリ。
  • 公式Facebookサイト。

残念ながら、暗号化されたオンラインアクティビティは、違法行為への道を開くことになります。以下は、犯罪者がダークウェブで行っている違法行為です。

  • 違法な活動に関連することについて話し合ったり、共有したりすること。
  • 薬物やその他の違法な素材の販売。
  • 武器の販売。
  • 盗んだ信用情報/決済情報の販売。
  • 違法なサービスの調達。

ダークウェブへアクセスすることは違法なのでしょうか?実は、ほとんどの国では、アクセス自体は違法ではありません。ただし、違法行為を行う目的でダークウェブを使用する場合は、もちろん違法です。

ダークウェブ vs ディープウェブ:何が違うのか?

ダークウェブとディープウェブはしばしば同じ意味で使われますが、この2つには違いがあります。これらの用語が混同されるのは、その定義が重複しているためです。ただ、重複する部分もあるとはいえ、この2つの用語はインターネット上の2つの異なる領域を指しているのです。

ディープウェブは深層webとも呼ばれていて、BingやGoogleのような標準的な検索エンジンでインデックスされていないオンライン上のすべてのコンテンツのことです。単にGoogleを使ってディープウェブのコンテンツを検索しても、何の結果も得られません。このようなディープウェブの情報のほとんどは興味をそそられないもので、パスワードやペイウォールに隠されたデータで構成されています。Dogpileのように、ディープウェブの検索結果を表示する検索エンジンもありますが、これらのタイプの検索エンジンのほとんどは大きな事業体に買収され、閉鎖されたり、廃業したりしています。

ダークウェブは一般的にディープウェブのサブセットです。ダークウェブのサイトは、アクセスするために特別なツールを必要とするため、通常の検索エンジンではインデックスされません。

ダークウェブを作ったのは誰か?

ダークウェブは、イギリス、エディンバラ大学での学生のプロジェクトから始まりました。当初の目的は、分散化されたP2Pのファイル共有プログラムを作ることでした。1999年にイアン・クラークによって作られたこのプロジェクトは、すぐにFreenetへと発展し、オンラインでの言論の自由を実現するプラットフォームとなりました。ユーザーが匿名で、検閲を受けずに情報を議論、共有、公開することができるというものでした。

2000年にFreenetが一般に公開されたことで、オンラインで匿名になれる方法が注目され、需要が高まりました。この需要の高まりは、おそらく最も悪名高いダークウェブプログラムである「Tor」の開発者たちを刺激することとなりました。

Torは2002年に一般公開されました。Freenetと同様に、Torの作成者は、匿名でオンラインでのやりとりやファイル共有を可能にするプラットフォームを構築するためにTorを開発しました。特に、抑圧的な政府の下で生活している人々の、「不利益が及ぶのを恐れずに自分の経験を他人と共有したい」という要望に応えるツールでもあったのです。

すべてが変わったのは、2008年にTorがオンライン暗号化ソフトウェアのブラウザ版をリリースしたときです。ダークウェブへのアクセスが容易になったことに加え、2009年にビットコインや暗号通貨が登場したことで、現在知られているようなTorやダークウェブの悪評が生まれました。違法な商品を匿名でオンライン販売できるツールと、暗号化された支払い方法は、技術に精通した犯罪者にとっては魅力的な手段だったのです。

ダークウェブはどれほど危険なのか?

ダークウェブへのアクセス自体は違法ではないと上で述べましたが、ではダークウェブを利用することでどのようなリスクが生じるのでしょうか?以下に、可能性のあるリスクを紹介します。

  • 犯罪的要素のリスク:犯罪者によって運営されているウェブサイトを見つける可能性があります。違法な商品やサービスを販売するだけでなく、犯罪者はあなたを不当に利用したり、何かを盗んだりしようとするかもしれません。
  • 法律違反のリスク:あなたがダークウェブで行ったことが原因で罪に問われる可能性があります。適切かつ合法的に行動することが重要です。
  • 法執行機関にまつわるリスク:法執行機関は、犯罪行為を行っている人を捕まえるためにダークウェブで活動しています。ダークウェブの他の利用者と同様に、法執行機関も匿名性を保ったまま業務を行います。国によっては、かなり厳しい検閲を行って国民を監視し、「ビッグ・ブラザー」のような役割を担っているため、ネット中立性の観点からは法執行機関もリスクになり得るのです。
  • 怪しいリンクに関連したリスク:クリックすると、見たくないコンテンツに飛ばされるリンクも存在します。また、リンクをクリックしたり、ファイルをダウンロードしたりすることで、お使いのデバイスがマルウェアに感染する可能性も大いにあります。

くれぐれも、ダークウェブの利用は自己責任だということを忘れないでください。ダークウェブでは、ユーザーとウェブサイトの所有者の両方の身元が隠されているため、説明責任はほとんどありません。あなたが信頼しているユーザーやウェブサイトが悪意を持っていることが判明し、何らかの攻撃をされた場合でも、助けになるものはほとんどありません。

一方で、政府や他の組織に通信を監視されている内部告発者、ジャーナリスト、反体制派にとっては、より安全であると言えるでしょう。あなたが誰であるか、何をしているか、そしてあなたがどれだけ技術に精通しているかによりますが、極力ダークウェブの利用を避けることをおすすめします。

ダークウェブへの入り方

どうしても必要な場合を除き、ダークウェブへのアクセスはお勧めしません。

ダークウェブにアクセスするには、特別なブラウザが必要です。ダークウェブは、FreenetやI2Pなど、暗号化されたP2P通信を利用してアクセスすることができます。ダークウェブへ入る目的で使われる最も有名なツールは、Torです。Torは通常のウェブブラウザと同じように動作しますが、暗号化が何層にもわたっているため、動作が非常に遅くなっています。

ダークウェブを検索したい場合、DuckDuckGoのようなダークウェブに対応している検索エンジンも必要になります。DuckDuckGoは、Torサイトのドメイン末尾である.onionを持つウェブサイトをインデックス化できる特殊なエンジンのひとつであるため、ダークウェブユーザーにとって使いやすい検索エンジンです。DuckDuckGoのような検索エンジンなしだと、実際のアドレスを事前に知らない限り、ダークウェブのサイトにアクセスすることができません。

Torブラウザへのアクセスが誰でも利用できるようになった2008年以降、ダークウェブ上での犯罪行為が顕著に増加しています。これが、Torやダークウェブ全般に蔓延する負の評判につながっています。

Torとは何か?

ダークウェブに関する記事や情報には「Tor」が頻繁に出てきますが、具体的にはどのような仕組みになっているのでしょうか。Tor(The Onion Router)はもともと、さまざまな軍事組織が匿名でメッセージや情報を交換するためのツールとしてアメリカ政府が開発したものです。

ソフトウェアの名前は、メッセージを暗号化するために使用する方法に由来しています。Torでは、データを複数の層の暗号化(タマネギのようなもの)で包み、「オニオンルーター」のネットワークを介して送信します。データが通過する各ルーターは暗号化の層を取り除き、部分的に復号化されたメッセージを次の宛先に送ります。このプロセスは、メッセージが目的の宛先に到着するまで繰り返されます。この技術はダークウェブの匿名性を維持しますが、動作はかなり遅くなります。

なぜ人々はダークウェブについて検索するのか?

人がダークウェブについて検索する理由は様々です。NordVPNが実施した調査によると、ダークウェブに関するGoogle検索クエリの49%は単にダークウェブへのアクセス方法を見つけようとしているもので、50.2%はダークウェブとは何かを理解しようとするものでした。

個人情報が販売されているかどうかを確認しようとしているものは、検索クエリのわずか0.5%(1ヶ月あたり約700件)で、これらはすべてアメリカからのものです。違法物質の入手を目的とした検索は、イギリスとアメリカでの検索クエリのうちたった0.3%でした。

アメリカ人、カナダ人、イギリス人の半数は、ダークウェブが何であるかを調べようとしているだけにとどまっています。インドでは、このようなユーザーの割合が64.6%とさらに高くなっています。またブラジルでは、74.5%のユーザーがダークウェブへのアクセス方法を調べようとしています。

ディープウェブやダークウェブは違法なのか?

ディープウェブ(深層web)は違法ではありません。実際、従来の合法的なインターネットを利用することは、ディープウェブがなければ難しいでしょう。電子メールの受信箱やアカウント管理ページなどは、すべてディープウェブの一部です。その他のディープウェブのデータは、ほとんどが無関係なバックグラウンドデータです。

ダークウェブへのアクセス自体は違法ではありません。結局のところ、ダークウェブは匿名性を提供するためだけのものであり、ほとんどの地域では、アクセス自体は違法ではありません。しかし、違法行為を助長するという意見もあることから、極力利用は避けるべきです。

ネットの匿名性のためにダークウェブを使う必要はありません

ダークウェブを利用することは、傷口が開いたままの状態でサメが生息する海を泳ぐのと同じくらい危険です。規制されていないため、何が起こるかわかりません。ダークウェブでの商品の購入は、お金を支払えばサービス提供が保証される取引ではなく、信頼できるとは限らないものです。サービスの規約などなく、販売者は客が購入した商品を確実に渡すように強制されない場なのです。

プライバシー保護の目的でダークウェブを利用している場合、より安全にプライバシーを守れる方法があります。それは、VPNを利用することです。VPNは、ジオブロックされたコンテンツへのアクセスを可能にし、企業や政府の検閲を回避するために使用することが可能です。さらに、VPNを使えば、オンラインセキュリティを確保するために、動作が極端に遅くなることはありません。

NordVPNは、ユーザーにとって不快なコンテンツや広告を表示しません。サブスクリプションに加入するだけで、プライベートで安全な接続を確立できます。