お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています
保護されていません
わからない

安全なブラウジングに最適なプライバシー重視の検索エンジン

インターネットで何かを検索する際は、ほとんどの人がGoogleを使うと思います。実際に日本で一番利用されている検索エンジンは「Google」で、次に「Yahoo」「Bing」と続きます。Googleは非常に多くのアプリやサービスを提供しており、私たちの生活に欠かせない存在となっています。しかし、それらのツールがあなたを一挙一動を追跡すると、これまで以上にプライバシーが侵害されてしまうことになります。そこで、Google検索エンジンの代替手段として、真にプライベートな検索エンジンを利用することをおすすめします。この記事では、プライバシーをしっかり守れる検索エンジンとして最強のサービスを7つ紹介します。

Laura Klusaite

Laura Klusaite

Jun 13, 2021 · 1分で読む

安全なブラウジングに最適なプライバシー重視の検索エンジン

Google以外の検索エンジンを利用する理由とは?

Google、Yahoo、Bingなどの検索エンジンで最強なものは、IPアドレス、ユーザーエージェント、ブラウザのクッキーに保存されている固有の識別子、検索キーワードなど、ユーザーに関する多くのデータを収集しています。これらの企業はそうしたデータを使って「ユーザー行動」を理解し、ターゲットを絞った広告を打ち出し、さらにはユーザーを追跡しています。実際、EUのGDPR(一般データ保護規則)では、メタデータとIPアドレスは個人を特定できるものとしています。GDPRに準拠するためには、これらの企業は、ユーザーがこのデジタルデータを開示しないようにするか、その収集について透明性を確保する必要があります。

自分についてのどんなデータが収集されているかを確認するには、かなり深く掘り下げる必要があります。ほとんどの場合、企業が実際にデータを削除してくれるかどうか、確実にはわかりません。

たとえVPNを使用していたとしても、検索エンジンがデータを収集してユーザープロファイルを更新することがあります。VPNとは何かとお思いの方のために簡単に説明すると、やりとりするデータのために暗号化されたトンネルを作成し、セキュリティの確保を実現する仕組みです。検索エンジンのデータ収集は、Googleアカウントに接続しつつ、Google検索を同時に使用した場合に起こります。したがって、プライバシーを最大限に確保するためには、VPNを使用するだけでなく、真にプライベートな検索エンジンも使用するとよいでしょう。

なぜ人気の検索エンジンを利用すべきではないのか?

一般的な検索エンジンは私たちの生活に深く浸透しているため、代替手段について考えることはほとんどないでしょう。しかし、代替手段の検索エンジンは、優れた検索結果を提供すると同時に、優れたプライバシーも提供してくれます。ここからは、信頼できる海外のプライベートな検索サイトをご紹介します。

DuckDuckGo

プライバシーを重視した検索エンジンを探したことがある人は、おそらくDuckDuckGoに出会ったことがあるでしょう。人気の検索エンジンで、1日に約1,000万件の検索が行われています。検索結果は、Wikipedia、Bing、Yandex、Yahooなど、400以上のソースから生成されています。

DuckDuckGoには、Amazon、Wikipedia、Yahooなどの他のウェブサイトを直接検索することができる「!bang」などの追加機能があります。クエリの前に「!」を入力するだけです。また、ChromeにDuckDuckGoの拡張機能をインストールすると、訪問したウェブサイトが実際にどれだけプライベートなのかを確認することができます。

DuckDuckGoのCEO、Gabriel Weinberg氏は、ノーログ検索に真剣に取り組んでいます。氏はこのサービスに自信を持っており、「もしFBIが来たとしても、私たちはユーザーと紐づいた情報は何も持っていません」とまで言っています。

しかし、これは完全に真実というわけではないかもしれません。DuckDuckGOはユーザーの検索記録を保持していますが、検索記録はユーザーのIPアドレスや固有のユーザーエージェントとは紐づけられていません。フルネーム、社会保障番号、住所などの個人情報に関連するものを検索すると、問題が発生する可能性があるかどうかを検討してください。

また、同社はYahoo、Amazon、eBayと密接な提携関係にあります。つまり、Googleや他の検索エンジンと同様に、検索結果の上部に広告が表示されることには変わりありません。

Qwant

フランスを拠点とするこの検索エンジンは、欧州のデータおよびプライバシーに関する法律を遵守しなければならないため、アメリカの競合他社よりも高いプライバシー対策が施されています。ユーザーの情報を同意なしに記録することはなく、広告に使用するデータも持っていないことは確実です。

また、Qwantは、ユーザーが「フィルターバブル」に陥らないようにすることも約束しています。フィルターバブルとは、ユーザーが自分の行動プロファイルに基づいた検索結果を得て、自分の意見に反する情報を目にしなくなることです。

また、検索結果をウェブ、ニュース、ソーシャルメディアに分類するユーザーフレンドリーな検索エンジンでもあります。ホームページには、ニュース、トレンドの人物、イベント、その他の興味深いストーリーが掲載されています。

Qwantは、より簡単に検索ができるように、DuckDuckGoの「!bang」に似た機能を導入しています。好きなウェブサイトの名前の後に「&」または「!」と入力すると、そのウェブサイトだけを検索して最良の結果を得ることができます。

StartPage

オランダを拠点とする検索エンジンで、Googleの代替としてはベストなサービスです。StartPageは、ユーザーデータを記録したり第三者と共有したりすることなく、Googleの検索結果を提供しています。StartPageには高度なフィルタリングオプションがあり、画像や動画の検索にも使用できます。また、ChromeやFirefoxの拡張機能としても利用が可能です。

VPNを利用できない場合は、この検索エンジンが最適な選択肢となります。StartPageは、競合他社とは異なる以下の3つのユニークな機能を備えています。

  • 信頼できるウェブサイトからの検索結果のみを提供するHTTPSサポート。
  • クッキーを必要としないURLジェネレーター。
  • IPアドレスと位置情報を隠してくれるプロキシサーバー。これにより、真にプライベートなブラウジングが可能になります。

SearchEncrypt

SearchEncryptは、Perfect Forward Secrecy(PFS)によるローカル暗号化を採用しています。この暗号化技術により、秘密鍵が漏洩してもセッションキーは安全なままで、データも安全に保たれます。この検索エンジンは、サーチパートナーのネットワークから検索結果を取得し、閲覧が終了すると検索語句を削除します。SearchEncryptは、より人気の高いDuckDuckGoよりもさらに優れたプライバシーをデフォルトで提供します。

また、SearchEncryptを使って、ニュースの検索、地図の検索、プライバシーに配慮した動画の閲覧などができます。Google Chromeの拡張機能としても利用が可能です。

Gibiru

高速で信頼性の高い検索エンジンを探しているなら、Gibiruも優れた選択肢です。Gibiruは暗号化された検索エンジンで、Googleのアルゴリズムを使用して、検索結果を迅速に提供し、すべてのトラッキングを排除してくれます。例えるなら、Google広告を表示する前のGoogleのようなものです。

Googleのアルゴリズムを使用しているにもかかわらず、GibiruはGoogle検索エンジンに反対しています。また自社の検索エンジンを「ユーザー側のシステムにどんなパーソナライゼーションやトラッキングクッキーもインストールしないので、NSAサーチエンジンよりも高速である」と説明しています。

Yippy

この安全な検索エンジンは、情報を構造化したい人に最適です。たとえば犬をお探しの場合、検索結果は、犬のしつけ、犬種、犬の写真などに分類されて表示されます。検索結果をフィルタリングして、関係のない検索結果にフラグを立てて知らせることもできます。カスタマイズされた広告が表示されることもありません。

他の検索エンジンとは異なり、Yippyのユーザーは画像、ニュース、仕事、ブログなどの特定のコンテンツを選択して検索することができます。

Swisscows

Swisscowsはスイスに拠点を置き、英語、イタリア語、スペイン語などの合計8つの言語に対応しています。Bingと提携しているため、ほとんどの検索結果がBingの検索結果と同じです。しかし、Swisscowsが他の検索エンジンと違うのは、検索結果の出し方です。Swisscowsは、セマンティック技術を用いて、ユーザーにとって最も有用な検索結果を提供しています。

Swisscows がIPアドレスや検索クエリなど、ユーザーの個人情報を保存したり追跡したりすることはありません。また、すべてのサーバーは、厳しい個人情報保護法で有名なスイスに設置されています。

家族で使うプライベートな検索エンジンを探している場合、Swisscowsがニーズを満たしてくれるはずです。Swisscowsは、ポルノや暴力などのアダルト用コンテンツを排除することで、子どもに優しい検索エンジンを目指しています。

この会社はユーザーや企業からの寄付で成り立っているので、検索結果の中に広告が出てくることはありません。

インターフェイスはモダンで使いやすいのが特徴です。ウェブを検索するだけでなく、画像、動画、音楽を探すこともできます。検索結果を国別に分類したり、人気順に並べ替えたりすることも可能です。

Swisscowsには、Google翻訳に似た機能を持つ翻訳サービスなど、複数の追加ツールが用意されています。さらに、ファイルやリンクをドロップすると、その内容の要点がわかる「ダイジェスト」というツールもあります。

シークレットモードやプライベートモードは役に立つのか?

メジャーな検索ブラウザのシークレットモードやプライベートモードは、プライベートな検索をしたい方にとってあまり役には立ちません。シークレットモードやプライベートモードを使えば、使っていないときよりもプライバシーは確保されますが、依然としてウェブサイト、インターネットサービスプロバイダー、検索エンジンは、ユーザーの行動を把握できるからです。さらに、あなたが使うインターネットやパソコンを提供している学校や企業もあなたの行動を把握できます。また、Chromeのシークレットモードではキャッシュがクリアされることがありません。

こうしたシークレットモードのブラウザは、現在のセッションの閲覧履歴(ブラウザによってはCookieなどの他のものも含む)を保存しないというだけで、その機能もブラウザを閉じれば終了します。

以上の理由により、あなたのIPアドレスやパソコンのデータはハッカーに狙われる可能性があります。しかし、この問題はVPNを導入することで解消できます。VPNはデータを暗号化するため、第三者に見えないようにデータをやり取りできるからです。

最適なプライベートサーチエンジンの選び方

上記で紹介した検索エンジンは、どれもプライバシーを気にされる方には最適です。中には、他の検索エンジンより少しプライバシーに配慮しているものや(ヨーロッパの検索エンジンは、アメリカよりも厳しいデータ規制法に準拠しています)、よりユーザーフレンドリーなもの、さらには、なくてはならない追加機能を備えているものもあります。

今後オンラインで検索をするときには、この記事で紹介したこれらのプライバシー保護やセキュリティに配慮した検索エンジンを使ってみましょう。

こちらの言語でもご利用いただけます: Deutsch, English, Français, など…