お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています
保護されていません
わからない

Google Chromeでのキャッシュクリアガイド

Google Chromeのブラウザは、サイトを閲覧する度にデータを自動的に保存します。一見便利な仕組みのように思いますが、キャッシュを長い間蓄積していると様々な弊害をもたらす可能性があります。

Laura Klaus

Laura Klaus

Sep 22, 2020 · 1分で読む

Google Chromeでのキャッシュクリアガイド

なぜこのキャッシュを削除する必要があるのでしょうか? また、どうやってChromeでキャッシュクリアを実行するのでしょうか?

この記事を読めば、Chromeでキャッシュをクリアするための様々な方法や手順を知ることができます。

なぜGoogle Chromeでキャッシュをクリアする必要があるの?

キャッシュクリアとは、過去に訪れたウェブサイトのキャッシュ(一時的に保管されたメディア)を削除することです。

キャッシュを保存していると、同じサイトに訪れた際にページ表示速度が速くなりますが、一方でキャッシュを長い間保存することで、以下のようなデメリットもあります。

  • ウェブサイトの最新のコンテンツが反映されないことがある
  • ブラウザの動作が遅くなる、またはフリーズする
  • パソコンやスマートフォンのメモリの空き容量がなくなる

これらのデメリットを回避するために、キャッシュは定期的に削除しましょう。また、Chromeのキャッシュをクリアすることは、プライバシーを保護するためにも非常に有効です。

グーグルクロームのキャッシュクリアの方法は、手順さえ把握すればとてもスムーズにできます。以下にいくつかの方法を紹介するので、参考にしてください。

Google Chrome(グーグルクローム)の設定からキャッシュを削除する方法

Windowsパソコンの場合

1. Chromeを開き、画面の右上にある3つの点をクリックします。

2. 「履歴」を選択します。

3. 「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。

4. 期間を「全期間」に変更し、希望する項目のチェックボックスにチェックを入れて、「データを消去」を選択します。

※以下がChromeでキャッシュクリアを簡単に実行するためのショートカットキーです。

「Shift」+「Ctrl」+「Delete」

Macパソコンの場合

1. Macでキャッシュクリアを実行するにはChromeを開き、画面の右上にある3つの点をクリックします。

2. 「その他のツール」を選択します。

3. 「閲覧履歴を消去」をクリックします。

mac キャッシュクリア chrome:ステップ1

4. 「Cookieと他のサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを付けて「データを消去」を選択します。これにより、MacパソコンのChromeブラウザのキャッシュ削除が完了します。

mac キャッシュクリア chrome:ステップ2

※以下のショートカットで対象のダイアログを呼び出せます。

「Shift」+「Command」+「Delete」

iOSスマートフォンの場合

1. iPhoneのChromeでキャッシュクリアをするには、まずChromeのアプリを起動します。

2. 画面右下にある3つの点をタップします。「履歴」を選択します。

iphone chrome キャッシュクリア:ステップ1

3. 「閲覧履歴を消去…」をタップします。

iphone chrome キャッシュクリア:ステップ2

4. チェックボックスにチェックを入れて、「閲覧履歴の消去」を選択します。

iphone chrome キャッシュクリア:ステップ3

5. 「閲覧履歴の消去」をタップします。

iphone chrome キャッシュクリア:ステップ4

Androidスマートフォンの場合

1. AndroidのChromeでキャッシュを削除するには、まずChromeアプリを開きます。

2. 画面右上の3つの点をタップします。

3. 「履歴」を選択し、「閲覧データを削除」をタップします。

4. 画面上部で期間を「全期間」に変更します。

5. 「Cookie とサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。

6. 「データを消去」をタップします。

Chrome(クローム)のスーパーリロードでキャッシュを上書きする方法

キャッシュを削除する手間を省きたい方は、スーパーリロードを使ってみましょう。

スーパーリロードとは、キャッシュを上書きしてページの再読み込みをする方法です。頻繁に表示するウェブページや、特定のウェブサイトの最新コンテンツを確かめたい場合は、このスーパーリロードを活用しましょう。

スーパーリロードを行うには、以下のショートカットキーを押すだけです。

  • Macの場合:「Command」+「Shift」+「R」
  • Windowsの場合:「Shift」+「F5」

しかし、スーパーリロードを行なっても一部のキャッシュが残ることもあります。スーパーリロードでも対処できないキャッシュは、他の方法でクリアする必要があります。

デベロッパーツールでキャッシュをクリアする方法

特定のウェブページを完全にキャッシュクリアするなら、デベロッパーツールを使うのがおすすめです。

デベロッパーツールとは、Web開発者向けに用意された「開発モード」のこと。デベロッパーツールを起動するには、右クリックで「要素を検証」を選択するか、以下のショートカットキーを使いましょう。

  • Macの場合:「Command」+「option」+「I」
  • Windowsの場合:「F12」

1. デベロッパーツールが起動したら、開いたまま更新ボタンを長押しするか、右クリックをします。

2. 「キャッシュの消去とハード再読み込み」が表示されるので、これをクリックするとキャッシュのクリアが完了します。

拡張機能でキャッシュを削除する方法

Chromeウェブストアからキャッシュ削除を実行するためのブラウザ拡張をダウンロードしてキャッシュをクリアする方法もあります。Chromeブラウザから設定をするのが面倒という方に最適です。

ブラウザ拡張機能はいくつか種類がありますが、シンプルにワンクリックでキャッシュを削除できる「Clear Cache」がおすすめです。

以下の手順でGoogle Chromeの拡張機能を使ってキャッシュクリアを行ってください。

1. ChromeウェブストアでClear Cacheを選択し、ダウンロードします。

2. 「Clear Cache」を追加しますか?のダイアログが表示されたら「拡張機能を追加」をクリックします。

3. 消去したいデータを選択するとキャッシュのクリアが完了します。

また、このChrome拡張機能では、キャッシュクリアの初期設定は自動的に1年以内のキャッシュを削除するようになっていますが、期間はオプション画面で変更可能です。キャッシュ以外にも、Cookieや閲覧履歴など、ほかの削除項目もカスタマイズできます。デフォルトではキャッシュにのみチェックが入っています。

Google Chromeでキャッシュを残さずにWebページを閲覧する方法

キャッシュを毎回削除するのが大変だという方は、キャッシュを蓄積しない方法でウェブサイトを閲覧することで、キャッシュクリアの必要性を排除することができます。

Disable cacheを有効にする

これは、デベロッパーモード起動中に有効な方法です。

1. Windowsの場合は「F12」、Macの場合は「Command」+「option」+「I」を押して「デベロッパーツール」を開きます。

2. 「Network」タブを選択します。

3. 「Disable cache」の横にあるチェックボックスをオンにします。

上記の手順を踏んで「デベロッパーツール」を開いている間は、キャッシュが無効化できるので、どのウェブサイトを閲覧してもキャッシュが残りません。

シークレットモード・ゲストモードで閲覧する

非常に簡単にキャッシュを残さずにウェブを閲覧する方法は、シークレットモードまたはゲストモードを使用することです。

シークレットモードとはキャッシュやCookieなどの情報を保存せずに利用できるウインドウのことを指し、ゲストモードはさらに機密性が高いという特徴があります

シークレットモードは以下の手順で起動できます。

1. ノーマルモードでChromeのブラウザを開きます。

2. 画面右上にある3つの点をクリックします。

3. メニューから「新しいシークレットウインドウ」を選択します。

chrome キャッシュクリア 自動:ステップ1

4. 新しいウインドウが開き、画面に「シークレットモードです」と表示があれば設定完了です。

chrome キャッシュクリア 自動:ステップ2

ゲストモードは以下の手順で起動が可能です。

1. ノーマルモードでChromeのブラウザを開きます。

2. 画面右上のユーザーアイコンをクリックし、表示されたメニューで「ゲスト」を選択します。

chrome キャッシュクリア 自動:ステップ3

3. 新しいウインドウが開き、画面に「ゲストモードでブラウジング中」と表示があれば設定完了です。

chrome キャッシュクリア 自動:ステップ4

Google Chromeの通常モードでYouTubeを閲覧すると、視聴履歴や関連する動画の情報が残ってしまいます。これに煩わしさを感じている場合は、シークレットモードかゲストモードを利用して、記録が残らないようにしましょう。

ちなみに、ゲストモードでは不可ですが、シークレットモードであれば拡張機能が使用できるので、キャッシュを残さずにChromeの拡張機能を使いたい場合はとても便利です。

番外編:接続を暗号化して安全にWebページを閲覧する方法

過去に機密情報を扱うサイトを訪れ、キャッシュが残っていた場合、犯罪者や第三者によってデータが狙われる危険性があります。

この問題を解決するために最適なのは、VPN(仮想プライベートネットワーク)を利用することです。VPNとは、2拠点間に仮想のサーバーを構築して、公共の回線を通らず直接拠点同士を繋げる技術のことをいいます。

私たちNordVPNは、VPNで接続を暗号化することができるので、ハッカーやサイバー犯罪者など悪意のある第三者から、IPアドレスを隠し、あなたの大切な情報を盗み取るサイバー攻撃から守ります。

まとめ

この記事では、Google Chrome(グーグルクローム)で蓄積されたキャッシュをクリアするための様々な方法を紹介しました。

Chromeは世界一普及しているブラウザで使い勝手も抜群ですが、長い間使い続けてキャッシュが蓄積すると、何かしら支障をきたす可能性があります。

もしもの時に備えて、キャッシュを削除する方法や、キャッシュを残さずにウェブを閲覧する方法を覚えておきましょう。