お客様のIP: 不明 · お客様の状況: 保護済み無防備不明

【2024年版】最も安全なおすすめブラウザ13選

オンラインバンキング中に機密データを転送するときや、仕事で機密性の高いデータをやり取りする際に、セキュリティに問題のあるブラウザを使用することはとてもリスクが高いため、できるだけ避けるのが得策です。この記事では、数多くある選択肢の中でプライバシー保護のために使える安全なブラウザを紹介します。

【2024年版】最も安全なおすすめブラウザ13選

安全なブラウザを使うべき理由

安全なブラウザを使用する理由はいくつかあります。以下にその主要な理由を紹介します。

  • ウイルスやマルウェアからの保護:ウイルス、マルウェア、スパイウェアなどの悪意のあるソフトウェアから保護したい場合は、安全なブラウザを使うべきです。ブラウザを保護しないと、知らないうちにマルウェアがインストールされていたり、悪意のある第三者にデバイスをコントロールされていたりと、コンピュータにさまざまな問題を引き起こすというケースも考えられます。
  • フィッシング詐欺からの保護:安全なブラウザの中には、フィッシング詐欺に遭遇した際に警告を表示するものもあります。
  • 個人情報や財務データの保護:普段使っているブラウザが安全ではない場合、重要な個人情報や財務データを危険にさらされる可能性があります。
  • 安全な接続を確率:安全なブラウザは、SSL/TLS暗号化などのセキュアな通信プロトコルをサポートし、オンラインでの情報の送信や受信時にデータの保護を確保します。
  • アドオンと拡張機能の制限:安全なブラウザの一部は、サードパーティのアドオンや拡張機能の使用を制限することで、セキュリティを強化しています。
  • プライバシーの保護:安全なブラウザは、トラッキングをブロックしたり、プライバシー設定を強化するオプションを提供することがあります。

また、NordVPNの「オンラインに費やす時間」に関する調査によると、日本人は生涯のうち「11年4ヶ月と13日間」をオンライン上で過ごしていることが明らかになりました。ほとんどの場合、インターネットのさまざまな部分にアクセスするためにブラウザを使用しています。これほど長い時間をインターネット上で過ごすと、セキュリティ上のリスクが生じる可能性も出てきます。

従って、オンラインの陰に潜むリスクを避けるためにも、安全なブラウザを使用する必要があるのです。

安全なブラウザの選び方

安全なブラウザを選ぶ際にチェックすべきポイントは次のとおりです。

  • 自動アップデートをサポート:選んだブラウザが自動アップデート機能をサポートしていることを確認してください。これにより、最新のセキュリティパッチや機能アップデートを簡単に入手できます。
  • セキュリティ拡張機能:ブラウザにはセキュリティ拡張機能が提供されている場合があります。広告ブロックやトラッキング防止ツールなどの拡張機能を提供しているブラウザを選びましょう。
  • フィッシング詐欺対策:ブラウザがフィッシング詐欺対策を提供していることを確認しましょう。フィッシングサイトや不正なコンテンツに対する警告が含まれていると、安全性が向上します。
  • プライバシーオプション:プライバシーに対するオプションや設定が充実しているかどうかもチェックすべきポイントです。トラッキングをブロックする機能やプライベートモードなどが利用可能な場合、個人情報を保護するのに役立ちます。
  • レビューや評判:インターネット上でブラウザのレビューや評判を調べ、他のユーザーの意見や経験を確認することも、ブラウザ選びの参考になります。

最終的に、自分のニーズや好みに合ったブラウザを選ぶことが重要ですが、セキュリティとプライバシーを最優先に考えることをおすすめします。また、ブラウザを常に最新の状態に保つことも重要です。

次の章では、セキュリティとプライバシーを兼ね備えた安全なブラウザを紹介します。

おすすめな安全ブラウザ13選

パソコンやスマートフォンにはデフォルトでブラウザが搭載されていますが、必ずしもそのブラウザがあなたのニーズを満たしてくれるとは限りません。リスクに晒されることなくウェブブラウジングを楽しみたい方は、使い勝手の良い安全なブラウザを選択すべきです。

ここからは、最も安全なおすすめブラウザを紹介します。リストでブラウザの安全性を比較してみましょう。

Google Chrome

google chrome

Chromeは世界トップシェアのブラウザです。セキュリティの面でも、約14日に一度安全性向上のためのアップデートが行われており、非常に良い評価を得ています。

しかし残念ながら、Chromeはプライバシーデータの保護に関しては多くの懸念材料があります。Googleはターゲティング広告で多くのお金を稼いでいて、この広告は詳細なユーザープロファイルが作成されている場合にのみ機能します。つまり、ユーザーの興味や関心、属性を分析するためにクッキーがターゲティング広告に活用されているということです。広告を非表示にする方法の一つは、広告ブロック機能を利用することです。

ただし、Googleは2020年1月14日に、「今後2年以内にChromeのクッキーを利用せずにターゲティング広告のサービスを提供する」と発表しているため、今後に期待しましょう。

Mozilla Firefox

mozilla firefox

Firefoxはセキュリティの面ではChromeに劣りますが、パスワードマネージャーや新しいセキュリティ拡張機能オプションが導入されてからは、セキュリティが大幅に向上しています。

Firefoxはデータ保護の点ではとても優れたブラウザで、ネット上で追跡されないようにするための追跡フィルタが導入されています。

また、ブラウザは完全にオープンソースであるため、事実上誰でもコードを見ることができ、プログラムが何をしているかを確認することができます。そのため、ユーザーは自分のインターネット利用に関するデータが漏洩していないかを確認することができます。

さらに、プライベートブラウジング機能を使用すると、閲覧履歴やCookieなどのデータが保存されないので、プライバシーや機密情報の高いサイトを閲覧する際に有効です。

Opera

opera

Operaは見た目や機能がChromeと似ていて、同時にFirefoxと同じようにプライバシーを意識したブラウザです。

残念ながら完全にオープンソースではないため、ユーザーにとっての透明性は低めです。よりプライバシーやセキュリティを確保するための機能が追加されており、アドブロックや仮想通貨マイニングスクリプトをブロックする機能などがあります。

Microsoft Edge

microsoft edge

コンピュータセキュリティ会社NSS Labsのレポートでは、Microsoft Edgeのセキュリティ機能は、ChromeやFirefoxを上回る99%の確率でマルウェアやフィッシングサイトを検知したと報告されています。

ただし、このデータはブラウザが最も安全であることを意味するわけではありません。ハッカーが安全だと思われるブラウザをハッキングしたイベントでは、Edgeが最もハッキングされる可能性の高いブラウザであることが証明されました。

とは言っても、Microsoft Edgeはサンドボックスを使用しており、開発者が定期的にアップデートをリリースしているため、セキュリティホールに非常に迅速に反応しています。

Safari

safari

SafariはAppleにより開発されているウェブブラウザで、Appleはセキュリティやプライバシーに非常に真剣に取り組んでいると評判です。

Safariは、WebKitをレンダリングエンジンとして使用している主要なブラウザです。WebKitはあまり普及しておらず、これはハッカーにとってはそれほど魅力的なターゲットではないことを意味しています。

SafariはMacやiPhoneなどのApple社製端末だけでなく、Windows向けにも配布されていますが、Android端末には対応していません。

Chromium

chromium

ChromiumはGoogleとの繋がりがありますが、あまり洗練されていないブラウザでもあり、カスタマイズしてスムーズに動作させるためには手動での設定が必要です。また、機能の習得や最新のアップデートやリスクを知るために、より多くの時間を費やすことが求められます。

Chromiumのアップデートの頻度は他のブラウザより圧倒的に多く、毎日新しいものがリリースされています。これは、脆弱性が出現したらすぐにパッチを適用するのには最適ですが、アップデートは手動でインストールする必要があるため、ユーザーは可能な限り安全な状態を維持するために警戒しなければなりません。

さらに、オンライン上にはChromiumベースの悪意のあるブラウザが多数存在します。これらのブラウザによってマルウェアに感染したり、データが盗まれたりする可能性があるので注意しましょう。

Waterfox

waterfox

Waterfoxは、オープンソースのFirefoxコードをベースにして開発された代替ブラウザの中でも最も人気のものです。Mozillaが32ビット版のブラウザしか提供していなかった頃、64 ビットのWindows コンピュータを最大限に活用するために設計されました。

WaterfoxはFirefoxよりもプライバシーに焦点を当てています。テレメトリ、データ収集、起動時のプロファイリングなど、ユーザーのプライバシーを減少させる多くの Firefoxの機能を省いています。また、アドオンを使わなくても、システム上のオンラインデータをすべて消去することができます。

見た目や使い勝手はFirefoxとほぼ同じで、設定などもFirefoxのものを引き継いでいるため、Firefoxユーザーであれば操作に困ることはありません。

Brave

brave

BraveはChromium ベースのブラウザで、プライバシーに関しては、内蔵のアドブロッカー、パスワードマネージャー、トラッキング保護、スクリプトブロッカー、ワンクリックアンチ指紋機能など、多くの機能を搭載していて、一番網羅していると話題です。また、接続を自動的に HTTPS にアップグレードすることもできます。

Braveは現在、ほとんどのChromeの拡張機能をサポートしています。これによりブラウザは便利で機能的になりますが、リスクから守るためにユーザーは細心の注意を払い、セキュリティとプライバシーを尊重した拡張機能を選択しなければいけません。

さらにBraveは、サイト上の広告やYouTube動画の広告もブロックしてくれるので、広告が表示されるのに煩わしさを感じているユーザーにおすすめのブラウザです。

Torブラウザ

Torブラウザ

米国政府のスパイ活動を告発したことで知られるエドワード・スノーデン氏も推奨しているというTorは、プライバシーに焦点を当てたブラウザとして最も知名度が高いと言っても過言ではありません。Torブラウザを使うと、情報を残さないように匿名で通信することができます。インターネットアクティビティを隠すだけでなく、検閲を乗り越えるためにも役立ちます。さらに、NordVPNのOnion Over VPNサーバーへ接続すれば、プライバシーだけでなく、セキュリティも向上させることが可能です。

匿名性の高さから、犯罪や麻薬取引など犯罪の温床になっているダークウェブへのアクセスに使われることもあります。しかし、Torでダークウェブにアクセスできるからと言って、興味本位で覗くことは絶対にやめましょう。一度アクセスしたことによって、サイバー攻撃の標的になってしまう可能性も十分にあります。

Torのデメリットは、非常に通信が遅い点です。音声や動画データにアクセスする場合は別のブラウザを使用するのがいいでしょう。また、設定を変更する際には、プライバシーを侵害する可能性があるので注意が必要です。Torの設定の一部は上級者のみが変更できるようになっています。

Puffin

Puffinブラウザは、定評のあるプライベートなブラウザです。他のブラウザと違うのは、クラウドベースのブラウザという点です。ブラウザが直接ウェブサイトのサーバーからデータを受信してレンダリングしなくても、Puffinのクラウド空間にウェブページがレンダリングされます。そのため、Puffinがあなたとインターネットの間に立っているので、マルウェアから身を守ることが容易になります。

FreeNet

FreeNet

Freenetは、コンピュータ科学者のイアン・クラーク氏によって設計されたピアツーピアのプラットフォームです。分散型ネットワークと暗号化を用いて閲覧データを保持・配信するため、検閲に強い通信手段として適しています。また、機密保持のためのフリーソフトウェアも用意されています。このブラウザからしかアクセスできない独自のFreenetネットワークを持っているため、その操作方法はTorブラウザを彷彿とさせます。

Vivaldi

Vivaldi

Vivaldiは、非常に柔軟なインターフェースと数多くのプライバシー機能を備えた、Chromiumベースのブラウザです。Vivaldiでは、デフォルトの検索エンジンだけでなく、さまざまなプライバシーおよびセキュリティ設定を選択することができます。また、デフォルトでIdle APIを無効化し、WebサイトがAPIの使用許可を求めることができないようにします。APIは行動を追跡するために悪用される可能性があり、キーロガーに狙われる機会を作ってしまう可能性があるため、APIの無効化はプライバシー維持していくうえでとても重要です。

Epic

epic

Epicは、自動同期、スペルチェック、自動入力、プラグインなどの機能をデフォルトでオフにしたり、使用できないようにしたりすることに真剣に取り組んでいます。また、閲覧履歴、ログインデータ、データベースやその他の情報を保存しません。また、閲覧データのキャッシュを残さず、アドレス入力時に自動表示されるリンクも保存しません。また、このブラウザは、あなたのIPアドレスを明らかにする可能性のあるWebRTCコールもブロックします。

安全なブラウザの比較

ここからは、いくつかの主要なブラウザの比較について紹介します。ただし、ブラウザのセキュリティ機能は頻繁に変更され、アップデートされるため、最新の情報を確認することが重要です。また、個々のニーズや好み、使用環境に応じてブラウザを選択することが重要です。

比較
Chrome
Firefox
Opera
Edge
Safari
Waterfox
Brave
Tor
対応端末
PC&スマホPC&スマホPC&スマホPC&スマホmacOS&iOSPC&スマホPC&スマホPC&Android
トラッキング拒否一部yesyesyesyesyesyesyes
暗号化スクリプトのブロック
noyesyesyesnoyesyesyes
ソーシャルメディアトラッカーをブロック
noyesnoyesyesyesyesyes

最も安全なウェブブラウザはどれか?

最も安全なウェブブラウザとして、多くのセキュリティ専門家やプライバシー重視のユーザーから支持を受けているブラウザは、Firefoxです。Firefoxは、プライバシーの設定を調整でき、セキュリティアドオンがいくつかインストールされており、拡張機能の互換性が高く、使いやすいと評判です。

プライバシーの設定を少し変更し、セキュリティアドオンをいくつかインストールすれば、Firefoxは拡張機能の互換性と使いやすさが向上し、主流のブラウザの中で最高のプライベートブラウザソリューションとなるでしょう。

安全なブラウザに関するよくある質問

ここからは、主要なブラウザを比較して、どちらが安全かを紹介します。

EdgeかChromeどちらのブラウザが安全か?

EdgeとChromeは、両方とも一般的にセキュリティ対策が強化されている人気のあるウェブブラウザです。以下に、それぞれのブラウザに関する一般的なセキュリティ関連の要点を挙げてみましょう。

  • 開発元とサポート:EdgeはMicrosoftによって開発され、サポートされています。また、ChromeはGoogleによって開発され、サポートされています。 両方のブラウザは、大手テクノロジー企業によって継続的にメンテナンスおよびセキュリティアップデートが提供されているため、信頼性があると言えます。
  • セキュリティ機能:EdgeとChromeは、ポップアップブロッカー、不正なウェブサイトへの警告、セキュリティ設定、クッキー管理、拡張機能の制御など、さまざまなセキュリティ機能を提供しています。Microsoft Edgeは、Windows Defender SmartScreenなどの独自のセキュリティ機能も提供しています。
  • パフォーマンス:セキュリティだけでなく、ブラウジングのパフォーマンスも重要です。Chromeは高速で軽量なブラウジングエンジンを備えており、多くのユーザーにとって魅力的な選択肢となっています。Edgeも高速で、Windows環境で特にスムーズに動作します。
  • セキュリティのカスタマイズ性:Chromeは多くの拡張機能をサポートしており、ユーザーがセキュリティをカスタマイズすることができます。Edgeも拡張機能をサポートしていますが、その数はChromeよりも少なめです。

どちらのブラウザが安全かは、個々の使用状況やニーズによって異なります。一般的に、どちらのブラウザもセキュリティの観点からは優れており、最新のバージョンを使用し、セキュリティ設定を適切に構成しておけば、安全にブラウジングできます。

SafariかChromeどちらのブラウザが安全か?

SafariとChromeは、どちらもセキュリティの高いウェブブラウザです。以下に、SafariとChromeのセキュリティに関する一般的な要点を紹介します。

  • 開発元とサポート:SafariはAppleによって開発され、macOSおよびiOSデバイス向けに提供されています。ChromeはGoogleによって開発され、さまざまなデバイス(Windows、macOS、Android、iOSなど)で利用可能です。
  • セキュリティ機能:どちらのブラウザもポップアップブロッカー、不正なウェブサイトへの警告、セキュリティ設定、クッキー管理などの基本的なセキュリティ機能を提供しています。Safariではプライバシーに関する機能や、Intelligent Tracking Preventionなどの追加のプライバシー強化のための機能が利用可能です。
  • プライバシー:Appleはプライバシーに関する強力な立場を取っており、Safariはトラッキング防止機能など、ユーザーのプライバシー保護に重点を置いています。Chromeもプライバシーに関する改善を行っており、サードパーティのクッキー制限やプライバシー設定の向上を推進しています。
  • セキュリティのカスタマイズ性:Chromeは豊富なアドオンや拡張機能をサポートしており、ユーザーがブラウジング体験をカスタマイズできますが、これらの拡張機能はセキュリティリスクを持ち込む可能性があります。Safariは拡張機能を制限しており、セキュリティの観点からは制約がありますが、その代わりにセキュリティを強化しています。

どちらのブラウザが安全かは、個人の使い方や好み、お持ちのデバイスによって異なります。どちらのブラウザもセキュリティには定評があり、正しいセキュリティ設定と最新バージョンを使用するようにすれば、安全なブラウジングを体験できます。

ChromeかFirefoxどちらのブラウザが安全か?

ChromeとFirefoxは、両方ともセキュリティに焦点を当てたウェブブラウザであり、どちらも安全なブラウジングとの評判があります。以下に、ChromeとFirefoxのセキュリティに関する一般的な要点を紹介します。

  • 開発元とサポート:ChromeはGoogleによって開発され、サポートされています。FirefoxはMozillaによって開発され、サポートされています。 両方のブラウザは、セキュリティアップデートやパッチの提供など、継続的なメンテナンスを受けており、信頼性があります。
  • セキュリティ機能:どちらのブラウザもポップアップブロッカー、不正なウェブサイトへの警告、セキュリティ設定、クッキー管理などの基本的なセキュリティ機能を提供しています。Firefoxはプライバシーに関する機能に重点を置いており、Enhanced Tracking Protectionなど、プライバシーを保護するための機能を提供しています。
  • プライバシー:Firefoxはプライバシーに焦点を当てており、トラッキングをブロックする機能を提供しています。Chromeもプライバシーに関する設定を提供していますが、Googleの製品と統合されているため、プライバシーについての懸念がある場合は注意が必要です。
  • セキュリティのカスタマイズ性:両方のブラウザは、セキュリティ強化のための拡張機能をサポートしており、ユーザーが自分のニーズに合わせてセキュリティをカスタマイズできます。

総合的に言えば、どちらのブラウザも安全性を確保するために十分なセキュリティ機能を提供しています。安全性の観点から選ぶ際には、個人のニーズやプライバシー設定などの要因を考慮して決定することが重要です。また、正規のウェブサイトからダウンロードし、常に最新のバージョンを使用することもセキュリティを強化するために重要です。

ワンクリックでオンラインセキュリティ対策を。

世界をリードするVPNで安全を確保


弊社はお客様のプライバシーを尊重します

本サイトでは、より安全でパーソナライズされた体験を提供するためにクッキーを利用しています。同意することにより、お客様は当社のクッキーポリシーに沿った広告および分析のためのクッキーの使用に同意したことになります。