お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています
保護されていません
わからない

フリーWiFiの危険性とVPNでその危険を回避する方法

多くの人にとってネット接続を維持することは、今や贅沢というよりも必要不可欠となっています。フリーWiFiは、常に移動している人や、データプランの容量が少ない人たちにとっては天の恵みのようなものです。しかし、これらの公衆WiFiが自宅と同じように安全であると確実に言えるでしょうか?

Laura Klusaite

Laura Klusaite

Nov 30, 2020 · 1分で読む

フリーWiFiの危険性とVPNでその危険を回避する方法

フリーWiFiは、ハッカーの標的となります。ほとんどは基本的なセキュリティ対策すら施されておらず、多くの人がリスクに晒されています。無料のインターネットアクセスプロバイダーがセキュリティを保証していない場合は、あなたが自分自身でセキュリティを確保しなければなりません。

VPNはフリーWiFi利用時にあなたを守ってくれる?

VPNは、デバイスを保護するために使用できる最も堅牢で安全な方法の 1 つです。

VPN接続は、暗号化されたトンネルを介してトラフィックを送信するため、第三者が解読したり傍受したりすることが非常に困難になります。公衆WiFiに接続するデバイス上にVPNのアプリを持っていると、外出先でもこの暗号化を利用することができます。フリーWiFiでは、必ずVPNを使用することをお勧めします。

公衆WiFiを利用する際にリスクがある情報とは?

ハッカーがフリーWiFiの脆弱なセキュリティを利用する目的は、個人情報を盗むことです。個人情報には以下のようなものが含まれます。

  • 電子メールのログイン情報
  • 銀行のログイン情報
  • 個人的な写真やビデオ
  • 自宅の住所

公衆WiFiにVPNを利用せず接続した場合、ハッカーやサイバー犯罪者があなたのデバイスに保存されている機密データにアクセスできてしまう可能性があります。

以下のリストは、ハッカーが脆弱なWiFiネットワークを利用する目的を挙げたものです。

  • 悪魔の双子攻撃:ルーターの名前を変更するのは簡単です。サイバー犯罪者は、あなたを騙して接続させるために、偽のWiFiネットワークを作成します。たとえば、「Starbucks_WiFi_Free」のようないかにも公衆WiFiに見えなそうな名前がついた、ハッカーが運営する偽の公衆WiFiに、気づかないうちに接続してしまうかもしれません。
  • マルウェアの侵入:安全でない接続では、検出が難しいマルウェアがコンピュータに侵入してくる可能性があります。マルウェアは帯域幅を盗み、システムにダメージを与え、すべての個人ファイルへのバックドアをハッカーに提供することができるのです。
  • 中間者攻撃(MITM):中間者攻撃を目論むサイバー犯罪者は、あなたのデバイスとWiFiスポットとの接続の間に自分のデバイスを置きます。これにより、サイバー犯罪者はあなたのデバイスのアクティビティを目立たないように監視し、トラフィックをコントロールすることができます。そしてあなたを彼らの偽サイトにリダイレクトさせ、あなたの個人情報や銀行口座情報を入力させることもできてしまいます。
  • WiFiスニッフィング:中間者攻撃のような積極的な攻撃ではなく、受動的な手段です。基本的かつ合法的なソフトウェアを使用すれば、ハッカーはWiFiネットワークを通過するすべてのデータパケットを監視し、記録することができます。

フリーWiFiでVPNを使用すると、上記の攻撃はすべて無効となります。VPNの暗号化プロセスは、すべてのデータを第三者の盗み見から効果的に保護します。ハッカーは、フリーWiFiを介してインターネットに接続されていることを確認できますが、送信されたトラフィックの詳細を見ることはできなくなります。

VPNを使って公衆WiFiで情報を盗むハッカーから守る方法

フリーWiFiを介してデバイスに侵入するハッカーを防ぐ主な方法は、自分自身で正しい情報を収集することです。あなたが直面する可能性のあるリスクを認識したら、それらを防ぐ方法についても最新の情報を得ることができます。ここでは、悪質なハッカーから大切な情報を保護する、覚えておくと便利な方法をご紹介します。

  • フリーWiFiへの自動接続を無効にする:もしあなたが公衆WiFiネットワークを定期的に利用している場合、予定していなかったネットワークにうっかり接続してしまう可能性があります。
  • うっかり公衆WiFiに接続しないようにする:人気のあるファストフード店やコーヒーチェーン店の公衆WiFiネットワークを使用したい場合は、店員に正確な名前を尋ねるようにしてください。よく似た名前でも偽物のフリーWiFiが存在する可能性があるので、今一度使い方を考えましょう。
  • WiFi接続中は機密性の高い情報を持つアカウントにログインしない:フリーWiFiに接続しているときは、機密性の高い情報があるアカウントにアクセスしないようにしましょう。ハッカーがそのネットワークを監視している場合、情報が盗まれる可能性があります。
  • ファイル共有をオフにし、ファイアウォールをチェックする:チェック自体は簡単ですが、見落としがちなことが多いです。自宅のネットワークではファイル共有は便利ですが、フリーWiFiネットワークに接続しているときにファイル共有が有効になっていると、リスクに晒される可能性があります。マルウェア対策ソフトも有効であることを確認しましょう。
  • VPNを取得する:フリーWiFiに接続する際にセキュリティを強化してくれるのがVPNです。VPNをお使いのデバイスにインストールすることが重要な理由を以下で説明します

数多くの VPNサービスプロバイダーが存在する中で、適切なプロバイダーを選択するのは至難の業です。無料のVPNサービスに惹かれるかもしれませんが、無料VPNはあなたの情報を第三者に売ることでお金を稼いでいるところが多いのです。この欠点に加えて、無料VPNサービスでは、サーバーの速度やデータ使用量に毎月の上限が設けられていることがよくあります。

最良の選択は、有料VPNのサービスを購入することでしょう。以下で紹介するものはすべて、NordVPNで利用できます。

  • 信頼できるセキュリティ:NordVPNが2019年のベストVPNを受賞したのには理由があります。どのNordVPNのレビューでも分かるように、当社の製品は信頼性が高く、ハッカーからの攻撃から守るのに効果的です。
  • 強力な暗号化:当社のサーバーはAES-256暗号化技術で保護されています。これは、政府がシステムに使用するのと同じ種類の技術です。
  • さらに強力な暗号化:上記の暗号化だけでは十分でない場合は、二重暗号化を使用することで、2つの異なるサーバーを介してトラフィックを実行することができます。
  • 最も広い範囲をカバー:NordVPNは他のプレミアムVPNプロバイダーよりも多くの国に物理的なサーバーを所有しています。これにより、より多くの国のサーバーへ自由に接続できるようになります。
  • ログなしポリシー:当社の厳格なログなしポリシーにより、個人情報が第三者に漏れないことを保証します。
  • 簡単な設定:NordVPNがお使いのデバイスにインストールされたら、必要なのはサーバーを選択することだけです。操作は非常にシンプルで、ボタンを押すだけです。NordVPNのアプリは、高度な技術を持たない人でも簡単に操作できるように設計されています。
  • 最大6台のデバイスを保護:VPNアプリは無料でダウンロードでき、1度の登録で同時に最大6台までの端末に利用できます。
  • 悪意のある脅威からの保護:CyberSec機能を有効にすることによって、ブラックリストに登録されたサイトへの侵入を自動的に阻止します。煩わしい自動再生広告も停止します。

まとめ

フリーWiFiは出先や旅先で比較的簡単に見つかり、すぐにアクセスすることができるため、とても便利ですが、リスクもたくさん潜んでいます。フリーWiFiに思わぬ落とし穴があることはあまり知られていませんが、サイバー犯罪者やハッカーの温床になっている可能性が十分にあります。

多くのリスクからあなたのデバイスを保護してくれるのがVPNです。フリーWiFiに接続していたとしても、VPNを使っていれば機密データや個人情報を第三者からしっかり隠してくれます。また、フリーWiFi利用中に危険を回避するVPNはAndroidやiOS、Mac、Windowsなど、主要なデバイスにインストールすることができます。

こちらの言語でもご利用いただけます: English, Español, Français, など…