お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています
保護されていません
わからない

【VPN接続できない方必見】一般的な原因と解決方法を解説

重要で機密性の高い電話。機密データのオンライン上でのやりとり。私たちは日頃からプライバシーのリスクと隣り合わせです。安全かつセキュアな通信を確立したいと考える人たちは、VPNを使用しています。VPNとは、インターネット上に仮想の専用線を設置することで、セキュリティを考慮した安全な経路でデータをやり取りする技術のこと。近年テレワークを導入する企業が増えたことで、VPNは日本でも一般的に利用されるようになっています。

Laura Klusaite

Laura Klusaite

Sep 12, 2021 · 1分で読む

【VPN接続できない方必見】一般的な原因と解決方法を解説

VPNは安全な接続を求める人たちから重宝されていますが、VPNがwifiルーターで接続できないという問題が起こったり、VPNがつながらないというエラーが発生したりすることもあります。インターネットが制限されていて、オンラインでの自由があまりない中国などの国からVPNサーバーに接続している場合は、さらに悩まされることになるかもしれません。

しかし、幸いなことに、そのような状況に対処するための対策があります。この記事では、さまざまなVPNの接続性に関する問題を解決する方法をご紹介します。

なぜVPNが機能しないのか、どうやって直せばいいのか?

VPNが接続できなくなったらどうすればいいのでしょうか?ここからは、VPN接続に失敗する最も一般的な理由と、その解決方法をご紹介します。これらのVPNトラブルシューティングのヒントは、AndroidやiPhoneのデバイスを使用している場合にも適用されます。

VPN接続ができない場合

お使いのVPNに接続問題が発生する理由はさまざまです。VPNサービスプロバイダーに腹を立てたりがっかりしたりする前に、次のことを試してみてください。

1. インターネット接続に問題がないか確認する

まず、インターネット接続を確認してください。VPN接続なしでいくつかのページを読み込んでみて、動作するかどうかを確認します。

VPNが使えない場合は、以下のことを試してみてください。

  • Wi-Fiネットワークをいったん切断し、再接続する。
  • ルーターを再起動する。
  • ルーターのイーサネットケーブルが接続されているかどうかを確認する。
  • 接続性の回復にサポートが必要な場合は、ISPに連絡する。

2. 認証情報を確認する

ルーターでVPNを運用している場合、VPNアカウントとは別に、正しい認証情報が入力されているかどうかを確認してください。認証情報が間違っていると、接続することができません。ちなみに、ルーターもサイバー攻撃で狙われたりウイルスに感染したりするリスクがあるため、自宅のルーターでもセキュリティ対策をすることをおすすめします。

NordVPNをご利用の場合は、弊社ウェブページからアクセスできるユーザーコントロールパネルで簡単に確認することができます。左側のメニューから「NordVPN」を選択します。その後、「詳細設定」までスクロールし、サービス資格情報(手動設定)の項目でユーザー名とパスワードを確認してください。

また、VPNアカウントには複雑なパスワードを使用し、安全のために頻繁に変更するようにしてください。パスワードは、安全なNordPassツールを使って保存することができます。

3. お使いのVPNサーバーが動作しているかを確認する

問題がVPNプロバイダーのインフラにある場合もあります。サーバーによっては、過負荷になると新規の接続を拒否することがあります。たとえば、イギリスのサイトを閲覧するためのVPN接続がうまくいかない場合、いったん接続を解除してから、再度イギリスを選択してみてください。別のサーバーに転送されるので、問題が解決するかもしれません。

4. 正しいポートが開かれているかどうかを確認する

プロバイダーが特定のポートのトラフィックをブロックすることがあるので、デフォルトのポート設定を変更して、VPNに適したポートが開いているかどうか確認してください。

NordVPNでは、443 TCPと1194 UDPのポートが開いている必要があります。また、ファイアウォールやルーターがVPNのパススルーを許可している必要があります。なお、NordVPNはポートフォワーディングを提供していません。NordVPNのアプリは、VPNの動作に必要なポート以外のすべてのポートをブロックします。ポートが開いていると多くのセキュリティリスクが発生するため、この方法が安全です。

5. VPNソフトウェアの問題

VPNソフトウェアは、他のソフトウェアと同様に、時々クラッシュしたり、不具合やバグが発生したりすることがあります。常に最新バージョンのアプリを使用するようにしてください(NordVPNのようなプレミアムプロバイダーは、常にテストを行い、バグを早急にキャッチして修正しています)。また、問題が解決しない場合は、ソフトウェアをリセットまたは再インストールしてみてください。バックグラウンドのプログラムを閉じたり、ディスクスペースを整理したりすることも検討してください。

また、VPNの設定に問題がある可能性もあります。何か問題があると思われる場合は、簡単に初期設定に戻すことができます。

6. ファイアウォールによるブロック

ファイアウォールがVPN接続をブロックしていないか確認してください。ファイアウォールの設定で、VPNソフトウェアを例外リストに追加してください。

7. カスタマーサービスに連絡する

どの方法でも解決しない場合は、VPNプロバイダーのカスタマーサービスに連絡して、問題について伝えてください。NordVPNのサポートは24時間365日対応しているので、いつでもどこでもご連絡いただけます。

最も一般的な原因とその解決方法

VPNが遅い場合

プレミアムVPNサービスではインターネットの速度が大幅に低下することはありませんが、特に設定が不十分なVPNでは、時々速度低下が発生することがあります。以下に、それを解決するためのヒントをご紹介します。

1. スピードテストを行う

まず、問題がVPNプロバイダーとISPのどちらにあるかを確認するために、スピードテストを実行することをお勧めします。VPNを使用した場合と使用しない場合の速度の違いを確認してください。

2. サーバーを切り替える

前述の通り、ユーザーからサーバーまでの距離やサーバーの負荷によってサーバーのパフォーマンスが異なる場合があります。お住まいの地域に近く、混雑していないサーバーに接続してみてください。

3. VPNのトンネリングプロトコルを切り替える

すべてのVPNプロトコルがまったく同じわけではないので、切り替えると改善される場合もあります。NordVPNでは、いくつかのプロトコルを用意しています。当社のNordlynxプロトコルは、超高速で安全なため、インターネットの速度を大幅に低下させることはありません。その軽量性により、最高のスピードと厳重なセキュリティを実現しています。

4. ポートまたはIPプロトコルを変更する

IPプロトコルをTCPからUDPに変更してみてください。どちらも長所と短所がありますが、通常、UDPはTCPよりも高速です。しかし、UDPに変更することで安定性が犠牲になる可能性もあります。

また、ポートを調整することもできます。VPNクライアントは、トラフィックのルーティングに特定のポート番号を使用します。ポートは、さまざまなソースからのトラフィックを分離して整理します。しかし、すべてのポートがVPNと同じように通信できるわけではありません。また、ISPによってはポートの速度が低下することもあるので、ポートを切り替えるのが良いかもしれません。

5. セキュリティソフトウェアを設定する

お使いのセキュリティソフトがVPN接続を妨害する場合があります。そのホワイトリストにNordVPNを追加することで、意図した通りに機能するようになります。

6. VPNプロバイダーを変更する

無料のVPNを使用している場合は、おそらく接続性や速度の乱れを頻繁に経験するでしょう。信頼性の低い、あるいは資金力のないVPNプロバイダーは、通常、高品質のサービスを提供するための十分なサーバーとカスタマーサービスを備えていません。さらに、そうしたプロバイダーは個人のデータを収集する可能性もあるため、プライバシーを重視している場合は無料VPNを利用すべきではありません。

VPNが遅い理由に関してさらに詳しい情報は、「VPNはなぜ遅いのか?」の記事をご覧ください。

VPNが切断されてしまう場合

VPNが頻繁に切断されると、あなたのトラフィックが公開され、プライバシーが侵害される可能性があります。そのようなVPNの問題を防ぐ方法を知っておきましょう。

1. ファイアウォールの設定を変更する

ファイアウォールは受信パケットを検査してブロックするので、当然、ネットワークの速度を低下させることになります。速度が非常に遅くなると、VPNサービスから切断される可能性があります。ファイアウォールの中には、VPNとの相性が悪いものもあるので、ファイアウォールがVPNのトラフィックを妨げないようにしてください。VPNソフトウェアを例外リストに追加することで、ファイアウォールを完全に無効にする必要がなくなり、ファイアウォールによる保護を失わずにすみます。

2. 別のDNSサーバーを使用する

サービスプロバイダーのDNSサーバーが正常に動作しない場合があるため、別のDNSサーバーに変更することをお勧めします。NordVPNのアプリでは、環境設定のセクションで簡単に変更できます。ただ、カスタムDNSサーバーは、より高いDNS漏れのリスクに晒される可能性があることを覚えておいてください。ただし、NordVPNはDNSリークプロテクションを提供しているので、より安全にご利用いただけます。

3. VPNプロトコルを変更する

繰り返しになりますが、お使いのシステムがプロトコルに干渉している場合はこの方法が役立つかもしれません。TCPからUDPに移行するか、NordVPNが提供する数多くのプロトコルの中から良さそうなものを選択してみてください。

ただ、プレミアムVPNサービスを利用している場合は、インターネットやVPN接続に深刻な問題が発生する確率は低いです。プレミアムVPNサービスは、スピードとセキュリティの両方に力を入れているものがほとんど。スムーズで安全なオンライン体験のために、プレミアムVPNをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

ワンクリックでオンラインセキュリティ対策を。

世界をリードするVPNで安全を確保

こちらの言語でもご利用いただけます: Bahasa Indonesia, Deutsch, English, など…