お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています
保護されていません
わからない

VPNはなぜ遅いのか?接続を速くする方法を解説

VPNは、プライベートで制限のないインターネットアクセスを手に入れたい人にとって必須のツールですが、VPNの速度が遅くなることがあります。接続速度が低下する理由と、VPNの速度を改善する方法を見てみましょう。

Laura Klusaite

Laura Klusaite

Sep 16, 2021 · 1分で読む

VPNはなぜ遅いのか?接続を速くする方法を解説

VPNはインターネットの速度を遅くするの?

VPNの主な役割は、接続を暗号化して安全なVPNサーバーを介してデータを送信することです。VPNを使用すると、あなたとインターネットの間に仮想の通信トンネルを作るため、接続が多少遅くなることは間違いありません。しかし、そうした影響を軽減する方法や、NordVPNのような高品質なVPNサービスがインターネットの接続速度を高速にしてくれるというケースも存在します。

お使いのVPNが影響でインターネットの速度が遅くなっている場合、以下の要素が原因になっている可能性があります。VPNが遅い原因を調査する場合の参考にしてください。

原因1:距離

あなたとVPNサーバーとの距離は、インターネットの速度を低下させる最大の要因のひとつです。より遠くの接続場所を選択すると、目的地までの距離が遠くなり、アップロードやダウンロードの速度が遅くなります。現在地からVPNサーバーまでの物理的な距離が遠いと、回線速度の影響を受けて通信速度も遅くなることにあります。

NordVPNは世界60カ国にサーバーを設置しているので、ご自身でもその違いを試すことができます。できるだけ遠くの国のVPNサーバーに接続してネットを閲覧した後、VPNの日本サーバーまたは隣国のサーバーに接続してみてください。選んだサーバーが現在地に近いほど、接続速度が速くなることがわかります。

原因2:サーバー負荷

サーバーには、一定数のユーザーを処理できる容量があります。その制限に近づくと、ユーザーは接続速度が遅くなったり、接続に失敗したりすることがあります。

これが、有料の高品質VPNが高速な速度を提供できる大きな理由です。こうしたVPNサービスはより多くのサーバーを持っているので、各サーバーの混雑が少なくなります。また、サーバー自体も優れたハードウェアを持つため、より多くの接続が可能となっています。たとえばNordVPNの場合、世界中に5425台のサーバーを持っており、賞を受賞したことがあるほどの素晴らしい速度を実現しています。

原因3:暗号化能力

残念ながら、優れたセキュリティとプライバシーには代償が伴います。デバイスとVPNサーバーの両方で、データの暗号化と復号化には時間がかかるため、暗号化が強力であればあるほど、インターネットの速度に影響を与える可能性があります。

弱い暗号化のVPNは速度の改善を可能にしますが、ハッカーや悪意のある第三者からの攻撃に対する保護は期待できないでしょう。

原因4:MTUの調整不良

VPN接続が遅くなる主な原因のひとつに、MTUの調整不良も含まれます。MTUとは、Maximum Transmission Unitの略で、通信機器が一度に送信できる最大のデータ量のこと。VPNで送信するデータ量がMTUの設定値を超える場合、データは分割されて送信されるため、通常よりも通信速度が遅くなります。

原因5:OSやその他のバックグラウンドのアップデート

MacOS、Windows OS、Google App storeなど、OSやその他のバックグラウンドのアップデートも、VPN接続が遅くなる原因のひとつです。OSによっては、アップデートするためのファイル容量が大きく、ネットワークに負担をかけるものもあります。特に、オフィスにあるすべてのパソコンOSを同時にアップデートする必要がある場合、トラフィックが占有され、接続速度が低下する可能性が高くなるので注意しましょう。

VPNはインターネットの速度を高速にできるのか?

場合によっては、VPNを使用することで、実際にインターネットの速度を高速にすることができます。ここからは、その方法をご紹介します。

帯域幅制限の回避

残念ながら、帯域幅の調整は実際に行われており、今後も継続されるでしょう。帯域幅が調整されると、過度にバッファリングが多くなったり、インターネット接続が遅くなったりする可能性があります。

ISPがスロットリング行う方法はさまざまですが、最も一般的な方法は、ユーザーのトラフィックを調べることです。ユーザーが大容量のファイルをストリーミングまたはダウンロードしている場合、ISPはそのユーザーの接続を遅くすることがあります。また、ISPは特定のサイトと契約して、他のサイトへの接続を遅くすることもできます。

いずれにしても、有料の高品質VPNを利用すれば、ISPがトラフィックを調べることは不可能になります。あなたのアクティビティが分からなければ、ISPは帯域制御を行うことはできません。

効率的なルーティング

先ほども述べたように、現在地から遠い場所に接続するとVPNの通信速度が遅くなることがあります。しかし、まれにプラスの影響を与えることもあります。それはすべて、ISP がトラフィックをどのようにルーティングするかに関係しています。

ISP は、トラフィックの送信先として特定のパートナーやインフラストラクチャを用意している場合があります。彼らが選択した「ロードマップ」は、実際には最も効率的な経路であるかもしれませんし、そうでないかもしれません。別の場所にあるVPNサーバーに接続することで、トラフィックの経路を完全に変更することができ、新しい経路がより効率的であれば、速度が向上します。

VPNの速度を改善する方法

VPNを使用すると、インターネットの速度が低下する可能性が高いですが、適切なツールや技術、設定を使用することで、VPNの速度を高速に保つことができます。ここからは、VPNの速度を改善する8つの方法をご紹介します。

VPNを高速化するための8つのヒント

1. インターネットの速度を確認する

そもそもインターネットの接続が遅い場合、VPNは問題ではありません。VPNを使用した場合と使用していない場合のインターネット速度をテストでチェックしてみてください。これにより、VPN接続が遅いのが原因なのか、インターネットプランやハードウェアをアップグレードする必要があるのかを判断することができます。

2. プロトコルの設定をいじる

NordVPNのような高品質VPNには、VPNの速度を変えることができる追加のセキュリティ設定やその他の機能が付属しています。VPNのプロトコルを比較し、可能であればより優れたインターネットプロトコルに切り替えてみてください。より速い接続のためにUDPを選択する場合は、接続が不安定になるリスクをとる必要があります。速度が遅くても安定した接続をしたい場合はTCPを選択してください。いずれにしても、この2つのプロトコルは何度でも切り替えることができます。「遅い」と「速い」は相対的なものであることを覚えておいてください。

3. ルーター/モデムを再起動する

メモリ漏れやその他の原因でルーターまたはモデムの動作が遅くなっている場合は、昔ながらの方法になりますが、再起動を行うと効果的でしょう。また、ルーター上のVPN接続は、お使いのデバイスからVPNに接続するよりも遅くなることを覚えておいてください。VPNをルーターに設定すると速度が低下する場合は、お使いのパソコンまたはスマートフォンのみでVPNを使用した方がいいでしょう。ルーターとデバイスの両方でVPNを有効にすると、接続がさらに遅くなるので、同時に使うことは避けましょう。

4. サーバーの場所を変更する

現在地から離れたサーバーを選んだ場合、インターネットの速度が遅くなる可能性があります。より近いサーバーに接続すると、VPNの速度を上げるのに役立つかもしれません。ご自分で実際に試してみるといいでしょう。NordVPNのアプリはシンプルなインターフェースを採用しているので、グローバルに展開するVPNサーバーにとても簡単に接続することができます。

5. 暗号化レベルを調整する

お使いのデバイス、プラットフォーム、VPNによっては、使用している暗号化の種類を変更できる場合があります。注意:プロトコルを変更する前に、それぞれの違いを調べて、発生する可能性のあるリスクについて把握しておきましょう。究極のセキュリティを手に入れるには、NordVPNアプリで採用しているOpenVPNとIKEv2/IPsecプロトコルを使用することをお勧めします。

6. 有線LANを使用する

公衆WiFiネットワークは便利で素晴らしいものですが、複数のデバイスを同じネットワークに接続した場合、速度が遅くなる可能性があります。ワイヤレス接続では、共有チャネルを使用して自宅の多くのパソコンやスマートフォンにデータを送信するため、速度が遅くなることがあります。可能であれば、より高速な接続を楽しむために有線LANへの切り替えを検討してみてください。

7. ファイアウォールなどのローカルセキュリティソフトをオフにする

ファイアウォールやウイルス対策ソフトは、送信データをフィルタリングするため、VPNの速度を低下させる可能性があります。これらのツールを一時的に無効にすれば、それらのセキュリティソフトがVPNの速度に関する問題を引き起こしているかどうかを確認することができます。ただし、これは自己責任で行ってください。接続速度が多少低下したとしても、VPNやファイアウォール、アンチウイルスは常にオンにして、データを安全に保つのが得策でしょう。

8. デバイスを再起動する

あなたのパソコンやスマートフォンは「疲れている」だけかもしれないので、再起動してみましょう。これも従来の方法ですが、VPNの速度を速くするのに役立つかもしれません。

今回紹介した方法は、VPN接続速度を改善するのに役立つはずです。VPNの接続速度が遅いと感じている場合は、これらの対策を講じてみて、どの方法が問題を解決してくれるか確認してみてください。

9. MTUを調整する

前述したように、VPNで送信するデータ量がMTUの設定値を超えていると、通信速度が遅くなることがあります。

MTUを調整していない場合は、VPNのMTUに合わせて、パソコンから送信するパケットのサイズを小さくしてみてください。そうすることで、通信速度が向上する可能性があります。

10. 最速のVPNプロバイダーを選ぶ

無料のVPNはサービスを無料で提供する分、十分な資金が得られないため、希望のVPNサーバーに接続できないという問題が発生したり、帯域幅が制限されたりしがちです。

しかし、NordVPNのような有料の高品質VPNを導入すれば、世界60カ国にある豊富な数のサーバー、日本の高速サーバー、NordLynxのようなスピード重視のプロトコルなど、スピード面で優れたソリューションの恩恵を受けられます。

ワンクリックでオンラインセキュリティ対策を。

世界をリードするVPNで安全を確保

こちらの言語でもご利用いただけます: Deutsch, English, Français, など…