お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています保護されていませんわからない

帯域制限とは?速度制限を回避する方法を解説

面白いテレビ番組やお気に入りのスポーツの試合を見ているときに、動画が頻繁にバッファリングすることほど煩わしいことはないでしょう。バッファリングが頻繁に起こる場合、帯域幅が制限されている可能性があります。

Laura Klusaite

Laura Klusaite

Mar 21, 2021 · 1分で読む

帯域制限とは?速度制限を回避する方法を解説

しかし、インターネットサービスプロバイダー(ISP)が自分のインターネット速度をコントロールしているかどうかは、どうすれば判断できるのでしょうか?また、コントロールされている場合、それを回避する方法はあるのでしょうか?

帯域制限とは?

帯域制限とは、ISPが意図的にユーザーのインターネット速度を遅くすることを言います。月間データ使用量の上限に達している場合や、請求書の支払いを忘れている場合などが考えられますが、無制限の契約をしていてもISPが帯域幅を制御する場合があります。

一部のISPは、契約時の約束を守っていないことがあるかもしれません。通信量無制限の超高速インターネットを提供するのには費用がかかります。オンラインエンターテインメントの性質上、多くのISPは常時4Kストリーミングやゲームに対応することができません。

どんなプランを契約していても、ISPが速度を制限する場合があります。こうした通信制限はすべてのユーザーに公平な条件を提供するためとはいえ、混雑との戦いは避けられません。安価なプランでは、すべてのユーザーがほぼ同じ速度に設定されています。

ISPによっては、月に使用できる高速データ量を制限している場合があります。月末になると速度が低下する場合は、データ容量の上限を超えている可能性があります。ブロードバンドのアカウントにログインすれば、自分のデータ使用状況をいつでも確認することができます。

以下の事項が、ISPが帯域幅調整をする主な理由です。

  • ネットワークの混雑やサーバーのクラッシュを抑制する。
  • 使用量を積極的に削減する。
  • すべてのネットワークユーザーの帯域使用量を均等にする。

帯域幅制限の危険性があるデータ通信の種類とは?

ISPが意図的にユーザーのインターネット速度を遅くすることについて触れましたが、実際に速度が制限されるオンラインサービスの種類はどのようなものがあるのでしょうか?以下に、帯域幅が制限される可能性のあるデータ通信の種類を紹介します。

  • ライブストリーミング
  • HD /4Kビデオ
  • ゲーム
  • ファイル共有/P2P(トレント)
  • ダウンロード

以上のアクティビティを行なっているときに、帯域幅を制御される危険性があるのですが、なぜISPは意図的にインターネット接続を遅くするのでしょうか?

そのシンプルな答えは、節約するためです。もう少し詳しく説明すると、インターネットサービスプロバイダーは、データ転送量の規制をかけたり、特定のユーザーに対して特定のサービスを遅くしたりすることで、ネットワークのストレージを節約しています。帯域幅制限をすることで、ネットワークの容量を増やすことなく、より多くのユーザーを確保することができるのです。

ISPが帯域制限をしているかどうかを見分けるには?

インターネットサービスプロバイダーの帯域制限を示すサインやパターンはいくつか存在します。ここでは、その中でも代表的なものをご紹介します。

  • インターネットの通信速度がピーク時に遅くなる:ピーク時(勤務時間の終了後など)に、インターネットのトラフィックを遅くすることは、ごく一般的な方法です。
  • ビデオコンテンツの動作・再生が遅い:ウェブサイトを快適に閲覧できるにもかかわらず、動画を見ているときに速度が遅くなる場合、ISPが帯域制限をしている可能性があります。
  • ダウンロードの速度が極端に遅い:上記同様、ある特定の種類のアクティビティだけが不自然なほど遅い場合、意図的に速度が制限されているかもしれません。

VPNで帯域制限を解除できる?

ISPはすべての人に通信制限をかけるわけではありません。通信速度が制限されるか否かは、個人のオンラインアクティビティによります。ISPは、ユーザーがどのようなウェブサイトを閲覧しているかを確認することができ、その情報に基づいて、接続を制限するかどうかを決定します。たとえば、ISPがDisney+と契約しDisney+の読み込み時間を優先して速くしている場合、あなたがNetflixを長時間利用していたら接続が遅くなる可能性が高いです。しかし、VPNを利用すれば、自分のオンラインアクティビティを隠すことができ、その結果、帯域制限を防ぐことができます。

VPNとは何かというと、あなたのデータ通信を暗号化することで、オンラインで行うすべてのことを第三者から隠す仕組みです。トラフィックが暗号化されているため、ISPは優先度の高いターゲットを探す際に、あなたを最初に選ぶことはありません。速度が低下しているかどうかを確認するには、VPNを有効にする前と後にスピードテストを行うのが手っ取り早い方法です。VPNを利用している間に高速な接続速度を実現できている場合は、VPNの恩恵を受けている証拠です。

しかし、VPNを使用しているかどうかにかかわらず、ISPは1日のうちでデータ通信が多い時間帯にすべてのユーザーの速度を制限することがあります。また、無制限で高速通信を使えるルーターを契約している場合でも、ISPによる帯域制限が実施される可能性は無きにしもあらずです。

その他にVPNでできることとは?

VPNは個人のプライバシー、セキュリティ、言論の自由を守るために開発された仕組み/ツールです。NordVPNは、帯域幅の制限を解除するためのソリューションを提供するだけでなく、他にも以下のような、さまざまなメリットをもたらします。

  • 高速な接続速度を提供。
  • トラフィックを暗号化し、ハッカーや第三者の覗き見から保護。
  • 厳格なノーログポリシーを採用しており、オンラインアクティビティを一切追跡・監視しない。
  • 最大6台のデバイスでの同時使用が可能。
  • 幅広い地域にサーバーを設置しているので、海外にいても好きなコンテンツを視聴することができる。

まとめ

この記事では、インターネットサービスプロバイダーによる帯域制限について、制限される危険性があるトラフィックの種類、速度制限の主なサインや解決策について解説しました。

帯域制限を回避したいのであれば、VPNを利用しましょう。VPNを有効にすれば、ISPがウェブサイトやアクティビティを選んで速度を制限することを阻止できるだけでなく、プライバシーやセキュリティの問題も解決できます。

こちらの言語でもご利用いただけます: Deutsch, English, 繁體中文