お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています保護されていませんわからない

VPNをルーターに設定する方法

お使いのルーターにVPNを設定するのは、思っているよりも簡単で、思いも寄らないメリットが得られます。お使いのルーターにVPNを設定することのデメリットもありますが、大変便利にもなります。この記事では、VPNを設定することの長所と自宅でどのようにVPNルーターをセットアップするかを紹介します。

Laura Klusaite

Laura Klusaite

Dec 08, 2020 · 1分で読む

VPNをルーターに設定する方法

VPNルーターとは?

ほとんどの標準的なWi-Fiルーターは、VPNトラフィックの通過を許可しますが、VPNの操作自体は行いません。一方、VPNルーターは、Wi-Fiネットワークに接続された各デバイスのための安全な接続を確立し、その上に直接VPNをインストールしています。

ルーター上のVPN:どのように動作するか

VPNは、インストールされているデバイスとインターネットとの間に暗号化された安全な接続を作成します。インターネットにアクセスするためのデバイスのすべての要求を収集し、暗号化されたトンネルとVPNサーバーを介してそれらを指示するので、それらが読み取られたり、リダイレクトされたりすることはありません。

ユーザーインターフェースのあるデバイスでは、それがわかりやすいでしょう。ウェブサイトにアクセスするとき、あなたはトンネルを通過します。親友にビデオ通話をしたいときもトンネルを通ります。しかし、ルーターのようなユーザーインターフェースのないデバイスではどうなるのでしょうか?

VPNを設定したルーターに接続されている各デバイスはすべて、暗号化されたトンネルを介してトラフィックを送信するようになります。これらのデバイスには、パソコン、ノートパソコン、ホームエンターテイメントシステム、そしてスマートIoTトースターなどの家電があります。

NordVPNを設定したルーター

長所と短所:ルーターにVPNをインストールすべきか?

長所

  • pros
    常時守られるセキュリティとプライバシー:ルーターVPNを使えば、常にVPNサーバーに接続されることとなります。ルーターが稼働している限り、あなたもVPNトンネルの一部になるので、セキュリティは常に保たれます。お持ちのデバイスのいずれかが自動接続を開始した場合、会計アプリの口座残高の更新といった情報は、たとえ就寝中でも安全です。
  • pros
    広範囲なホームセキュリティ:常時接続のVPNサーバーは、お持ちのホームルーターVPNに接続されたすべてのデバイスに適用されます。新しく購入したデバイスや、また来客があなたの家のWi-Fiに接続するときにも、追加のセットアップなしで適用できます。
  • pros
    VPNをサポートしていないデバイスでも使える:VPNをサポートしていないWi-Fi対応のデバイスは多くありますが、そうしたデバイスもルーターVPNの恩恵を受けることができます。ホームメディアシステムがその良い例です。テレビにNordVPNをインストールすることはできませんが、ルーターにインストールすることで、地域を変更してお気に入りのコンテンツにアクセスできるようになります。
  • pros
    より多くのデバイスを接続できる:NordVPNでは最大6台のデバイスを同時に接続することができます。これはほとんどのユーザーにとってすでに十分な数でしょう。しかし、あなたのNordVPN対応ルーターは1つのデバイスとしてしかカウントされないことをご存知でしたか?ノートパソコン、スマートフォン、デスクトップPCがすべてVPN対応ルーターを介して接続している場合、技術的には接続されているデバイスは1つだけになります。接続速度と安定性が損なわれる可能性があるので、この機能を乱用するのは良い考えではありませんが、これでNordVPNサブスクリプションが適用できるデバイス数を簡単に増やせます。

短所

  • cons
    VPN設定の管理が困難:ルーターには独自のユーザーインターフェースがないので、VPN設定を変更するには別のデバイスからアクセスしなければなりません。VPNトンネルのオン/オフや接続先の国の変更は、NordVPNのアプリを使った方がはるかに便利です。ルーター上でも可能ですが、便利とは言えません。
  • cons
    設定や暗号化のパワーはルーターに依存する:ほとんどのルーターは、最も基本的な暗号化やトンネリングプロトコル以上のものを実行するパワーがありません。より安全なプロトコルをサポートしているVPNルーターにアップグレードするか、または選んだプロトコルが保護してくれるものとしてくれないものを調べるのが良いでしょう。
  • cons
    受信接続をブロックする場合がある:VPNはその性質上、不正な接続をブロックするように設計されています。この制限を回避するには、ノートパソコンやコンピュータ、スマートフォンなどユーザーインターフェースを持つデバイスを使って接続を開始する方が簡単です。ルーターのようにアクセスしにくいデバイスは接続を開始できないため、外部からはアクセスできないままになるでしょう。これはユーザーデバイスの自動化されたプロセスには適用されませんが、パソコンはメールや通知を受信し続けます。
  • cons
    デバイスとルーター間のトラフィックは安全ではない:暗号化はルーターで行われるため、デバイスとルーター間のトラフィックはまだ暗号化されていません。自宅で安全なホームWi-Fiの設定がしてあり、モバイルデバイスが他のネットワークに自動接続するように設定されていない場合は、これは大きな問題ではないはずです。第三者があなたのネットワークに接続することが可能である場合、これはセキュリティ上の深刻な問題となります。

VPNをルーターに設定する方法

VPNをルーターに設定する方法

最初にすべきことは、ルーター接続をサポートしているVPNを選ぶことです。市場で最も優れたものを選ぶのであれば、NordVPNが無難な選択肢です。

次に、お使いのルーターがVPN機能をサポートしているかどうかを確認する必要があります。お使いのルーターがNordVPNを実行できるかどうかを調べるには、チュートリアルページをチェックして、お使いのルーターのブランドとモデルを見つけてください。ルーターによっては、NordVPNルーターの設定方法も記載されています。お使いのルーターがVPN機能をサポートしていない場合、市場にはたくさんの優れた家庭用VPNルーターがあるので、新しく購入を検討しても良いでしょう。

お使いのルーターにNordVPNをインストールするための詳細は、ブランドやモデルによって異なりますが、一般的な手順は次のようになります。

1. ルーターにログインする

ルーターにログインすると設定を変更できます。製品マニュアルやサービスプロバイダーを使用してアクセスする必要があります。これでルーターにVPNをインストールするために必要な変更を行うことができます。

ほとんどのルーターの場合、最初に検索バーにIPアドレスを入力後ログインする必要があります。ルーターにログインしたことがない場合は、工場出荷時のデフォルトパスワードのままだと簡単にハッキングされるので、パスワードを変更する良い機会です!

2. ルーターを設定

ルーターを設定するために取る手順は、ルーターのファームウェアに完全に依存します。たとえば、Asusが提供するルーターの多くは、元からVPN機能を持っています。そうではないルーターを持っている人は、VPNサーバーにトラフィックをリダイレクトするために再設定をする必要があります。繰り返しになりますが、特定のルーターの設定方法を調べるには、弊社の綿密なチュートリアルページか、メーカーのマニュアルやウェブサイトが役に立つはずです。

3. テストを実行

VPNの設定が完了したら、接続が行われているかを確認するためにテストをしてください。(自宅から)いつでもルーターにログインして設定を変更できるようになりますが、それでもNordVPNのアプリを使用する方が便利です。

それでもルーターにVPNをインストールする方法がわからない場合

NordVPNには、受賞歴を持つ、ライブカスタマーサポートが、複数の言語で24時間365日提供されています。この記事を読んでもインストール方法がわからない場合は、弊社のサポートの専門家がお持ちのルーターにNordVPNを設定する方法を詳しくお伝えします。support@nordvpn.comへメール、またはライブチャットやその他の手段でお問い合わせください。

VPNルーターを利用する際のヒント

  • 不必要な二重接続を回避する:NordVPNがルーター上で稼働していて視界に入らない場合、スイッチが入っていることを忘れてしまうかもしれません。自宅で別のデバイス上でNordVPNを使用している場合でも、NordVPNの暗号化されたトンネルはルーターに設定された暗号化されたトンネルを経由して送信されます。これはダブルVPN設定を使用している場合は強力で便利になるかもしれませんが、NordVPNはVPNルーターを介してこのように機能する目的で設計されていません。速度が大幅に低下したり、不安定になったりするのを避けるために、NordVPNのサーバーに接続する際は、1つのVPN接続のみを使用してください。
  • ルーターの設定ページをブックマークする:設定を変更するためにルーターに接続するのは不便かもしれませんが、設定ページをブックマークしておけば、この手順を少しだけ簡単にすることができます。
  • 別のルーターを設定する:自宅に2つのルーターを設定することも可能です。1つはNordVPNを設定しているもの、もう1つは設定していないものです。これにより、自宅で接続されたデバイスのネットワークを確保しつつ、NordVPNアプリをサポートしているデバイスでVPNを使用することができます。

VPNを有効活用して安全なにルーターを使用しましょう。ルーターでもその他のデバイスでも、NordVPNを使えば、オンラインでの安全性とプライバシーを守ることができます。