お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています保護されていませんわからない

VNC(Virtual Network Computing)とは何か?

世界中で多くの人がリモートで働いているため、企業は安全で効率的なテレワークの方法を確立しようとしています。VNC(バーチャル・ネットワーク・コンピューティング)は、こうした新しいシステムに欠かせないものになるかもしれませんが、それがすべての解決策になるとは限りません。この記事では、「VNCとは何なのか?」「VNCは安全なのか?」という疑問にお答えします。

Ugnė Zieniūtė

Ugnė Zieniūtė

Sep 20, 2021 · 1分で読む

VNC(Virtual Network Computing)とは何か?

VNCの仕組み

VNCは、コンピュータを遠隔操作するためのシステムです。長距離のトラブルシューティングから新しい企業の仕事の仕組みまで、VNCはあなたのビジネスに大きな変化をもたらす可能性があります。

このプロセスは、シンプルなクライアントサーバーモデルに基づいています。VNCクライアントソフトウェアをコンピュータにインストールすると、アクセス権を持つユーザーは、リモートサーバーからハードウェアを制御することができます。

このシステムを使うと、アクセス権を持つユーザーはオペレーティングシステムを確認したり、インストールされたプログラムを実行したり、プリンターや外付けハードディスクなどの接続機器を利用したりすることができます。強力なインターネット接続があれば、実際にコンピュータを使用している人と同じように、リモートオペレーターもスムーズに操作することができます。

法人向けVNC

VNCは特にビジネスに役立つシステムで、主に以下の2つの機能があります。

  • 長距離のテクニカルサポート
  • リモート作業

これらの機能を持つことで、企業内の技術的なトラブルシューティングを強化することができます。従業員がコンピュータで問題に対処しているとき、技術者はVNCを使えばオフィスを訪れることなく、従業員の操作をリアルタイムで監視し、完全にコントロールすることができるのです。

技術サポートの一元化は、複数のオフィスを持つ企業や、大規模なリモートワーカーのチームを抱える企業にとって、効果的な選択肢と言えるでしょう。

リモートワーカーの問題は、多くの企業にとってますます重要な課題となっています。コロナウイルスが流行する以前から在宅勤務へ移行する動きは出てきており、それによりチームの交流方法や会社の資産の使用方法が変わってきました。

VNCを使えば、自宅にいる従業員が会社のデスクトップに完全にアクセスできるようになり、会社のソフトウェアやデータベースの権限に制限がなくなります。

リモートワーク:VNCのメリット

HSBCやTwitterなど、テクノロジーや銀行分野の大手企業では、すでにリモートワークを常態化しています。仕事用のデスクはキッチンテーブルに、会議室でのミーティングはZoomコールに置き換えられています。多くの企業にとって、将来的にはオフィススペースを今と異なる方法で活用しなければならないのは明らかです。

VNCを使えば、オフィスに出入りする必要がなくなります。適切なクライアントソフトウェアがインストールされていれば、自宅にある端末からでも会社のコンピュータにアクセスすることができます。コロナ禍によるステイホームや出張、旅行などでワークフローが中断されることもなくなります。

もちろん、VNCが完璧なソリューションというわけではありません。セキュリティ上の問題はすぐに解決できるかもしれませんが、帯域幅は重大な障害となります。自宅の回線が遅いと、VNCソフトを使ったリモート操作も遅いと感じてしまい、面倒なものになってしまうかもしれません。

VNCは安全なのか?

実際は、VNCは個人的なファイル、パスワード、データベースへのアクセスを許可してしまうので、重大なセキュリティリスクがあると言えます。

VNCソフトウェアの中には、かなり強力な暗号化レベルを提供しているものもありますが、多くのVNCソフトは十分なレベルの暗号化を提供していません。さらに悪いケースでは、リモートで使用している従業員が脆弱な家庭用ルータを使用したり、公衆Wi-Fiに接続したりして危険性に直面している可能性もあります。

安全な接続を実現し、VNCのセキュリティを強化するためには、VPNを介してトラフィックを暗号化することが最善の方法です。VPNを導入してVNCを利用することで、強固なセキュリティと柔軟性を両立させることができます。

VPNとは?

VPNは「仮想プライベートネットワーク」の略で、VPNの仕組みを一言で説明するのであれば、オンライン上のデータを保護するための暗号化サービスです。NordVPNアプリをインストールして、VPN接続を有効にすると、パソコンやスマホなどの使用中の端末とNordVPNサーバーの間に暗号化されたトンネルが確立されます。VNC接続を含むすべてのオンライントラフィックは、このトンネルによって保護されます。

50カ国以上に5,400台以上のサーバーがあるNordVPNは、ユーザーに最速の接続を提供します。ユーザーは、NordVPNが所有するさまざまな国のサーバーのIPアドレスを取得し、実際のIPアドレスを変更することができます。さらに、NordVPN Teamsアプリでは、会社のチーム全員がVNCの暗号化されたセキュリティを利用できるビジネスソリューションを提供しています。

しかし、残念ながらセキュリティ回避の観点からNordVPNではポートフォワーディングが動作しません。それゆえ、NordVPNユーザーはVNCをポートフォワーディングで使うことはできません。

VNCとVPNの違いについて

VPNとVNCは全く異なるサービスで、それぞれに異なる利点があり、併用利用するとうまく機能します。

VNCは、デバイスのリモートアクセスを可能にして、利用する従業員に自由と柔軟性を与えてくれますが、VPNのように安全性とプライバシーを提供しません。安全な接続を確立したいのであれば、VNCとVPNを併用することをおすすめします。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの企業がテレワークやDXの推進を促していて、ニューノーマルな働き方が求められています。リモートワークを前提とした働き方を実践し、VNCのメリットを最大限に享受するために、業務環境にNordVPNを導入して、VNCを強化・保護し、強力なリモートワークのインフラを構築しましょう。

こちらの言語でもご利用いただけます: English