お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています保護されていませんわからない

SOCKS5プロキシのメリットとは?

プロキシを介してトラフィックをルーティングすることで匿名性を高めることができますが、それはセキュリティを保証するものではありません。プロキシはVPNとは異なり、トラフィックを暗号化しません。

Laura Klusaite

Laura Klusaite

Jan 27, 2021 · 1分で読む

SOCKS5プロキシのメリットとは?

この記事では、SOCKS5proxyとは何か、どのようなメリットがあるのか、そして究極のプライバシーとセキュリティを実現するためにSOCKS5とVPNを一緒に使用する方法を学べます。

SOCKS5とは?

SOCKSとは、プロキシサーバーを利用してサーバーとクライアント間のパケットをルーティングするインターネットプロトコルで、SOCKS5は、SOCKSプロトコルの最新版です。セキュリティが強化されており、以下の3種類の認証方法が用意されています。

  • Null認証:プロキシに接続するための認証は必要ありません。
  • ユーザー名/パスワード認証:プロキシに接続するためにログイン情報を提供する必要があります。
  • GSS-API認証:あなたとサーバーの両方がオペレーティングシステムレベルの認証方法を使用して身元を確認します。

トラフィックは、目的地に到達する前に任意のIPアドレスを生成するプロキシサーバーを経由してルーティングされます。技術的に言えば、SOCKS5 (最新バージョン) はプロキシサーバーを使用して、任意のIPアドレスを介してTCPまたはUDP接続を形成します。

SOCKS5プロキシ

あなたのIPが1.1.1.1.1で、トラフィックが2.2.2.2のIPを持つSOCKSプロキシを経由してルーティングされている場合、宛先サーバー(ウェブサイト)は、リクエストが後者から来たと考えます。ウェブサイトはあなたの元のIPアドレスを見ることができません。これは、あなたの場所を隠すのには役立ちますが、あなたのトラフィックが安全であるとは限りません。仮想プライベートネットワーク(VPN)とは異なり、プロキシはあなたのトラフィックを暗号化しません。

オンラインでは正真正銘の匿名というのは不可能なので、100%匿名のSOCKS5プロキシサーバーというものは存在しません。オンライン上の行動や、使用するサービスやセキュリティツール、そうしたものがあなたのプライバシーに与える影響に気をつけることで、匿名に近づけることは可能です。しかし、プロキシ、VPN、暗号化されたメッセージングアプリなどのツールを一つ使うだけでは、100%の匿名性を確保することはできません。

プロキシを介した接続によって、今いる地域で利用できないストリーミングサービスを利用できる可能性はほとんどありません。しかし、仮想ロケーションを変更して単純なジオブロックを回避したいだけなら、オンラインでSOCKS5のプロキシリストを見つけ、いちかばちか試してみることができます。

SOCKS5プロキシサーバーのメリット

ここからは、SOCKS5 proxyサーバーのメリットについて掘り下げていきます。SOCKSのプロキシを利用する利点は、以下のようにさまざまです。

1. インターネットのブロックを回避できる

プロキシサーバーは、お使いのデバイスとインターネットとの中継として機能するため、インターネットのブロックを簡単に回避することができます。たとえば、あなたのIPが特定のウェブサイトによってブラックリストに掲載された場合(またはVPNを使用していて、そのサーバーのIPがブラックリストに掲載された場合)、SOCKS5プロキシを経由してトラフィックをルーティングすることができるので、このブロックを回避することが可能になります。

しかし、各国のファイアウォールのほとんどはディープ・パケット・インスペクション(DPI)を使用しているため、この方法では回避することはできません。これは、トラフィックがインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)によってブロックされ、ウェブサイトに到達する前にブロックされることを意味します。

2. より高速で信頼性の高い接続を実現できる

SOCKS5のプロキシサーバーは、TCPプロトコルのみを使用していた従来のプロキシサーバーとは異なり、UDPプロトコルを使用することができるため、信頼性の高い接続と効率的なパフォーマンスを確保することができます。

TCPプロトコルは、クライアントとサーバー間の接続を形成し、すべてのパケットが一方から他方に確実に届くようにします。簡単に転送できるように、コンテンツを決められた形式に適合させる必要があります。一方、UDPプロトコルは、クライアントやサーバーからのすべてのパケットが相手側に届くかどうか、同じ順番で転送されるかどうかを重視しておらず、データパケットを次々に特定の型のパケットに変換するのに時間をかけることがありません。したがって、UDPがあればSOCKS5はより高速で信頼性の高い接続を提供することができます。

3. エラーが少なくなり、全体的なパフォーマンスが向上する

他のプロキシの多くはデータパケットヘッダを書き換えます。そのため、データを誤ってルーティングしたり、ラベルを間違えたりする可能性が高くなります。SOCKS5プロキシサーバーは、データパケットヘッダを書き換えないため、エラーの発生確率が低くなります。エラーがはるかに少ないため、パフォーマンスは自動的に向上します。しかし、パケットヘッダには個人情報が含まれており、簡単に特定されてしまうため、プライバシーやセキュリティを犠牲にすることになります。

4. P2Pプラットフォームでのパフォーマンスが向上する

SOCKS5は、より小さなデータパケットを転送するため、他のプロキシよりも高速です。そのため、ダウンロード速度が速く、多くのユーザーがP2Pファイル共有サイトやプラットフォームに接続するために使用しています。

SOCKS5とSOCKS4の違い

SOCKS5とSOCKS4はともにSOCKSプロトコルですが、SOCKS4は「UDP接続には利用できない」「プロキシ側に名前解決させることができない」「わずかな認証機能しかサポートしていない」という問題を抱えているのに対し、SOCKS5ではそれらの問題が解決されています。

SOCKS5とHTTPプロキシの比較

HTTPプロキシはHTTPおよび HTTPSウェブページのみで動作するのに対し、SOCKS5プロキシはあらゆるトラフィックに対応しています。

HTTPプロキシとは、通常、特定のプロトコル用に設計された高レベルのプロキシを指します。これにより接続速度は向上しますが、SOCKSプロキシほど柔軟性や安全性は高くありません。SOCKSプロキシはHTTPプロキシよりも低レベルで動作するため、あらゆるプログラムやプロトコル、あらゆるトラフィックを制限なく扱うことができます。

SOCKS5とVPNを併用すべきか?

プロキシとVPN(仮想プライベートネットワーク)の主な違いは、VPNはトラフィックを暗号化するのに対し、プロキシは暗号化しないことです。VPNはより安定した接続を提供しますが、プロキシ接続はより頻繁に落ちてしまいます。

SOCKSとVPNプロトコルを併用するメリットはいくつかあるので、最適なツールを選ぶのが最善の策です。幸いなことに、NordVPNのサーバーはSOCKS5接続もサポートしています。

無料のプロキシを使用すべきか?

プロキシサービスはオーバーヘッドが少ないため稼働するのは高くつきませんが、それでもサービスを提供するコストは発生します。

そのため、無料で提供されているプロキシを使用したとしても、見合った価値を得られるとは限りません。結論から言うと、無料のVPNのように、無料のプロキシの使用は避けるべきです。以下にその理由を説明します。

  • パフォーマンスが悪い:無料のプロキシはサポート要員が少なく、設定オプションが少ない、もしくはインフラストラクチャの速度が遅いという可能性もあります。これらのすべてが、プロキシの速度を遅くし、安全性を低下させる可能性があります。また、あなたに課金してもらうために、速度を落としたり、機能をオフにしたりすることもあります。
  • プライバシーの問題:サービスにお金を払っていないのであれば、あなたは顧客としてみなされません。無料のプロキシは、ユーザーのトラフィックを監視し、そのデータを第三者に販売したり、広告媒体に提供したりすることができます。これにより、あなたがよく訪問するウェブサイトの広告を置き換える(収益を削減する)か、以前はなかった新しい広告を導入するということが起こります。

ここでの最善の策は、最高の速度、サポート、セキュリティを提供するプレミアムプロキシサービスを導入することです。嬉しいことに、NordVPNを購入すると、SOCKS5プロキシとして当社のサーバーの一部を使用することができます。当社の他の機能をすべて使用すると、最高のセキュリティ、最高の速度、または両方の恩恵を簡単に得られることができます。

こちらの言語でもご利用いただけます: English, Español, Français, など…