お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています
保護されていません
わからない

難読化サーバー

NordVPNでインターネット制限を回避しましょう。

今すぐNordVPNをゲット
obfuscated servers

難読化サーバーとは?

hiding from isp

難読化サーバーとは、VPNを使用してトラフィックを再ルーティングしていることを隠す特殊なVPNサーバーを意味します。これにより、非常に制限の厳しい環境でもVPNに接続できるようになります。

通常のVPNサーバーに接続する際、ISPはオンラインでのあなたの場所を確認することはできませんが、データの外観からVPNを使用していることを確認できます。その点、難読化サーバーに接続するとデータパケットが変更されるため、VPNトラフィックをブロックすることを目的としたツールでも、VPNトラフィックを停止することができなくなります。データパケットを個別に検査しない限り、VPNの使用に気づかれることはありません。

難読化サーバーの仕組みは?

jump over firewall

難読化サーバーは、VPNをブロックするファイアウォールを回避するために使用されます。そのために、VPNプロバイダーはVPNに関連する全情報をデータから削除し、通常のデータパケットのように見せかける必要があります。

VPNプロバイダーがデータを難読化する方法はいくつかあります。たとえば、追加のSSL/SSH暗号化を使用してデータパケットを非表示にすることで、すべてのVPNメタデータを隠すことができます。これは、いわば暗号化していることを隠すための暗号化です。

データをスクランブルすることでパケットヘッダーからメタデータを隠すこともできます。これにより、意味のない情報で満たされた通常のHTTPSトラフィックのように見せかけることが可能となります。ファイアウォールにはVPNであることが認識できず、通過させることになります。

どのような人が難読化サーバーを必要としますか?

難読化サーバーは気軽な使用を目的としたものではありません。どのような場面で使用すべきかを見てみましょう。

firewall

VPNブロックを回避するため


一部の内部ネットワーク、ISP、時には国全体がVPNの使用を禁止している場合があります。難読化サーバーはこうした制限を回避するのに役立ちます。接続すると、ファイアウォールやVPNブロッカーはトラフィックがVPNサーバーから送信されていることを認識できなくなります。

security shield

自身を保護するため


ジャーナリストや政治活動家は、多くの場合安全なインターネット接続を必要としています。厳しい制限が課されている地域でデリケートな情報を扱う作業をする場合など、難読化サーバーを使用することで安全な接続を安定して使用することができるようになります。

NordVPNの難読化サーバーに接続する方法

1

まず、NordVPNアプリから「設定」に移動し、「自動接続」を選択してOpenVPNプロトコルを使用していることを確認します。

2

次に「詳細」を選択し、難読化サーバーの横にあるボタンを切り替えます。

3

最後に世界マップ画面に戻り、「クイック接続」をクリックすると最適なサーバーに接続します。

難読化サーバーを使用する際に常に安全を確保できるよう、自動キルスイッチを設定することもできます。キルスイッチは、VPN接続が切断された場合に特定のアプリまたはデバイス全体がウェブにアクセスするのをブロックします。詳細をご覧ください。

リスクなしでNordVPNをお試しください

よくあるご質問