お客様のIP: わからない · お客様の状況: 保護されています
保護されていません
わからない

禁止または制限されたTikTokのブロックを解除する方法

アメリカをはじめ、オーストラリアや日本では、中国のIT企業が運営する動画アプリ「TikTok(ティックトック)」の使用を禁止または制限することを検討しています。この記事では、TikTokの安全性や、世界中で禁止・制限する動きが広がっている理由について解説し、TikTokが禁止または制限された際にブロックを解除する方法を紹介します。

Laura Klaus

Laura Klaus

Aug 19, 2020 · 1分で読む

禁止または制限されたTikTokのブロックを解除する方法

「TikTok(ティックトック)」は、中国のByteDance(バイトダンス)というIT会社が運営する、15秒の短い動画を自由に投稿することができるSNSアプリ。TikTokの使い方はとてもシンプルで、アカウントを作成するとユニークな動画が誰でも簡単に作れて自由に投稿できることから、TikTok は10代のユーザーを中心に人気を集めているサービスです。

全世界でTikTokのユーザー数は8億人を超えているのにも関わらず、安全保障に深刻な脅威をもたらす恐れがあるとして、TikTokの使用を禁止または制限する動きが広がっています。

アメリカでは、トランプ大統領が8月1日に安全保障上の脅威があるとして、アメリカでのTikTokの使用禁止を発表しました。

日本でも、自民党の議員連盟がTikTokをはじめとする中国系アプリの利用制限に向けた法整備を政府に求める方針を明らかにしています。さらに、インドや香港ではすでにTikTokの利用が禁止されており、オーストラリアでも規制を検討中です。

この記事では、TikTokの安全性や、世界中で禁止・制限する動きが広がっている理由について解説し、TikTokが禁止または制限された際にブロックを解除する方法を紹介します。

TikTokの使用は安全?それとも危険?

TikTokの使用は安全であるとは言い切れません。TikTokの運営会社が中国にあることから、ユーザーのデータが中国政府に渡っているのではないか、危険なのではと懸念する声があがっているからです。

また、世界的に最も普及しているセキュリティメールサービス「ProtonMail(プロトンメール)」のセキュリティ専門家が、「セキュリティとプライバシー保護の観点から、TikTokは非常に危険なSNSプラットフォームだと言える。ユーザーは、アプリの利用に当たっては十分に気をつけ、心配であればTikTokアプリや関連データを消去することを強く推奨する」とレポートで結論付けています。

さらに、韓国放送通信委員会(KCC)は7月15日、約6,000人の未成年ユーザーのデータをTikTokが違法に収集したとして、罰金を科す決定を下しました。

第三者が、あなたのメッセージを読んだり、動画を見たり、個人情報を調べたり、オンラインアクティビティを追跡したりする可能性があるという事実を知っても、TikTokを利用したいと思いますか? この事実を知った後もTikTokを使用したい場合は、必要なセキュリティ対策を講じるのが得策です。

TikTokの使用を禁止している国とその理由

TikTokを禁止・制限しようとしている国は、アメリカだけではありません。インドや香港ではすでにTikTokの利用ができなくなっていて、オーストラリアでも今後アプリの利用を規制することを検討しています。

インドでは6月29日にTikTokを始め中国製アプリの使用を禁止しましたが、アプリを排除した背景に両国の関係悪化が囁かれています。また、香港では香港国家安全維持法(国安法)を施行したことを受けて、TikTokが香港からの撤退を表明しました。これによりインドと香港では、現在のところTikTokはブロックされている状態です。

さらに、オーストラリアでも、TikTokが中国政府とユーザーのデータを共有して国家安全保障上の脅威をもたらす可能性があるという懸念から、TikTokの使用禁止を検討しています。

TikTokは日本で禁止または制限される?日本での現状と今後の予測

日本でのTikTokユーザーは1千万人を超えていて、若者を中心に人気があります。ここ最近TikTokは、日本の行政や自治体と積極的に提携していましたが、個人情報流出の懸念が出ていることを受け、公式アカウントを停止している団体もあります。

また、自民党の甘利明税調会長がトップを務める「ルール形成戦略議員連盟」は7月28日、TikTokをはじめとする中国系アプリの利用制限を求める提言をまとめ、9月にも政府に提出する方針を明らかにしています。

今後、日本でTikTokの利用ができなくなる可能性は十分にあります。引き続き、日本政府の動向に注目しましょう。

TikTokのブロックを解除する方法

私たちはTikTokを使用しないことを強くお勧めしますが、それでもTikTokのブロックを解除したい場合は、VPNを使用するのが得策です。VPNとは、仮想プライベートネットワークの略で、離れた場所の間を仮想的な専用線でつないで、安全なデータ通信を実現する仕組みです。

TikTokはスマートフォンやタブレット端末向けに配信されているアプリですが、TikTokはPC端末から閲覧することもできます。TikTokを閲覧したい端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)でVPNを有効にすると、トラフィックが暗号化され、IPアドレスを隠すことができます。 これにより、TikTokがブロックされている国以外のサーバーに接続して、アプリを使い続けることができます。

TikTokのブロックを解除するのに最適なVPNサービスは「NordVPN」です。NordVPNでは、VPNアプリを無料ダウンロードして、1度の登録で最大6台の端末を同時に保護することができます。アプリはWindows、macOS、Linux、Android、iOSと互換性があります。

TikTokのブロックを解除する方法は次のとおりです。

1. NordVPNのアプリをインストールします。

2. NordVPNのアプリを起動してアカウントを作成します。

3. NordVPNのメイン画面に利用可能なサーバーのリストが表示されます。その中からTikTokが利用可能な国を1つ選択してください。

4. どの国からでも、TikTokにアクセスできるようになります。

マイクロソフトがTikTokを買収した場合でも、VPNは必要?

マイクロソフトはトランプ大統領と協議した後、アメリカや、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで、TikTokの事業を引き継ぐ意向を明らかにしました。TikTokを運営しているByteDance(バイトダンス)は、引き続きそれ以外の国では事業を継続するでしょう。

マイクロソフトがTikTokの事業を引き継いだ後は、セキュリティの懸念事項がなくなるのでしょうか?

私たちは、100%安心して利用できるようになるとは考えていません。なぜなら、マイクロソフトはアメリカ国家安全保障局(NSA)と協力関係にある可能性が高いからです。NSAは強力な監視用プラットフォームを購入しようとしています。特にTikTokは多くのユーザーを抱えており、データ収集の観点から見ても魅力的なSNSなので、マイクロソフトがユーザーのデータ収集を止めるとは考えにくいです。

プライバシーの保護に関して危機感をお持ちの場合は、厳格なログなしポリシーがあるNordVPNを利用することをおすすめします。NordVPNを使うと、個人情報の追跡や、収集、または第三者に共有されることはありません。TikTokアプリは、引き続きユーザーのデータを収集しますが、TikTokの使用を第三者からブロックされることはありません。

TikTokが禁止されるのはいつから?

アメリカでは、9月15日までにTikTokの事業を引き継ぎできない場合、アプリの使用を禁止すると発表されています。8月2日時点で、マイクロソフトはホワイトハウスが求める条件を踏まえて TikTokの買収に向けて交渉を継続すると述べています。

しかし、この話が破談になればアメリカではTikTokが使えなくなり、その後日本でもTikTokが制限される可能性は高まるでしょう。